現状維持を続けても、パワハラは解決できない事実を、認めよう。

現状維持を続けても、パワハラは解決できません。

なにかしら、現状打破に向けた行動が必要となります。

 

ちなみに、カウンセリングは現状打破のためのものではありません。

そもそも、カウンセラーの仕事は、パワハラを受ける前に心身の状態を「戻す」ことです。

つまりは、カウンセリングを受けても、パワハラは解決しないのです。

 

現状を打破するためには、そのための心理技術を身に付ける必要があります。

それが、コーチングです。

 

もしあなたが、現状を本気で変えていきたいのであれば、カウンセリングでは不十分です。

カウンセリングの中に、現状を打破してゴールを達成するための心理技術はありません。

コーチングを受けて、現状を打破するための思考法を身に付けてください。

 

コーチングは、きっと今後のあなたの人生においても役立つはずです。

まだまだあまり有名なものではありませんが、パワハラ脱出には必須の心理技術ですから、ぜひ一度調べてみていただけたらと思います。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。