パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「パワハラの何が悪いのか」に対する答え

投稿日:

「パワハラの何が悪いのか」という質問が、あります。

”パワハラなんて、昔は当然だった”とか、”される方が悪い”というのが論拠のようです。

今回は、これについて答えておきたいと思います。

 

先に結論を言えば、加害者以外にメリットがないからです。

 

会社の生産性と、職場で働く人達同士の信頼感は、大きく関係します。

心理的安全性がないと、生産性が大きく下がるのです。

パワハラの定義にあるとおり、基本的にパワハラは職場環境を悪化させる行為です。

ですから、パワハラがある時点で、職場内に心理的安全性はありません。

つまり、パワハラは会社の生産性が下がる行為となるのです。

これが、パワハラが悪いと言える1つ目の理由です。

 

 

さらに、パワハラによって被害者が休職になり、または退職となった場合も、損害が出ます。

会社は、それまでその人にかけてきたお金、時間、労力が無駄となります。

これが、2つ目の理由です。

 

その上、会社は安全配慮義務違反として、損害賠償請求を受けるリスクを負います。

これが3つ目の理由です。

 

さらに、新聞などに掲載されて、会社の信用・名声にも傷がつく可能性があります。

これが4つ目の理由です。

 

当然、被害者にとっては損しかありません。

職場を失うこともありますし、身体・生命の危機に陥ることもあります。

 

まだまだ理由はあるのですが、パワハラの何が悪いのかと言えば、加害者以外の人は損ばかりするからです。

もしこのような単純な理由もわからない人がいたら、できるだけ近づかないほうがよいでしょう。

きっと、物事を客観的に見られない視野の低い人に違いありませんからね。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを放置する会社からは、今すぐ脱出しよう。

パワハラを受けて会社を辞めるのは、たしかに悔しい気持ちになるでしょう。 なぜ加害者が仕事を続けて、自分が辞めなければならないのかと、普通は思います。 しかし、そのような気持ちを持ちながら辞めて「辞めて …

no image

目標実現の兆しを探すから、学習性無気力に陥らずに済む。

こうなりたいという目的地、ビジョンがあるからこそ、 そこに向かっている兆候、兆しが見えてきます。 もしかしたら本当に実現できるかもと思えるのです。 学習性無力感に陥ったら、どれほど手段があっても、その …

no image

仕事が長続きしない人がやるべき1つのこと

1つの会社に長く務めるのが、どうしても苦手な人がいるんですね。 そういう人には、兼業や副業をしておくことをお勧めしています。職場を複数持っておくんです。 職場が複数あると、1つの職場に対して適度な距離 …

no image

パワハラ被害を理解してくれる人を、見つける方法

パワハラ被害は、なかなか理解されません。   「気にするな」と言われたり、 「あなたにも悪いところがある」と言われたりします。   このように、相談したことによる被害を二次被害と言 …

no image

パワハラへの恐怖に打ち勝つための方法とは?

パワハラを受ける日々が続くと、 パワハラを受けること自体への恐怖が出てきます。   これは学校でいじめを受けた子供が、 「学校」というキーワードだけで、身体が震えるようになるのと 同じ現象で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。