パワハラを行政に相談するときは、事前に電話をしておくとスムーズになる。

パワハラについて、労働局に相談に行くときなどは、まずは電話をしてみましょう。

電話をすることで、相談がスムーズに行くようになるからです。

 

相談受付ができる曜日、時間帯、場所などの確認もできます。

また、どのような資料や証拠があると、相談がスムーズにできるのかも確認ができます。

 

予約せずに相談に行くこともできます。

ですが、事前に電話をして、あなたも、担当者も準備をしてから相談をしたほうが、両者にとってメリットが大きいのです。

ですから、行政に相談をしたい場合は、まず電話をして予約を取るようにしてみましょう。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。