パワハラ被害者のための、「味方を増やす相談の仕方」

パワハラ被害者は、加害者によって孤立させられます。

一方で、パワハラから脱出するためには、味方は多ければ多いほどよい。

ですから、パワハラ被害者こそ「味方を増やす方法」を知っておく必要があります。

 

では、どうすれば「味方を増やす」ことができるのでしょうか。

そのために大切となるのが、「相談の仕方」です。

誰に、どのように相談をするかが、相談相手を味方にできるかどうかを決めます。

 

今回は、スライドを使って説明してみました。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。