パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ上司の倒し方

投稿日:

あなたの職場は大丈夫!? 実在する「パワハラ職場」エピソード3選!「みんなの前で罵声や激怒」
世の中にはいろいろなハラスメントがありますが、職場での「パワーハラスメント」もそのひとつ。上司や先輩……….≪続きを読む≫

【理論編】

雇用関係は、雇用者と被用者の契約にすぎません。

ですから、そこに上下関係はありません。

指揮命令権はありますが、

その指揮命令権は当然に法律で許される範囲内だけです。

バカな上司はこのことを理解していません。

ですから、調子に乗るのです。

権力の源、パワーポイントにはさまざまなものがあります。

パワハラをする上司というのは、立場を源にします。

しかし、その源は幻想にすぎません。

本人が、立場があればしてもよいと思い込んでいるだけです。

幻想に基づいたパワーポイントですし、

立場をパワーポイントにする人は、根はもろい人ばかりです。

ですから、国家権力というパワーを使うことで、簡単に倒せます。

もちろん、いきなり国家権力を使えば、かなり大事(おおごと)になります。

ですから、まずは相談に行っておくのです。

その上で、そのバカな上司に「労働基準監督署に、匿名で相談しました。」と伝えます。

こうすると、その上司は、パワハラはできなくなります。

自分の信念を持って、パワハラをやっているなら別ですが、

立場をパワーポイントにしている人は、これでパワハラを止めます。

ただ、これは最終手段であり、やはり自分の安全確保をしたうえですることです。

それでも、こういう手段を知っていることは、

あなたの精神状況を保つのに、とても有益だと思います。

いざとなったら、こういう手段があるということを、

ぜひ覚えておいてくださいね。

【実践編】

1 職場のハラスメントで困っているなら、まずは労働基準監督署に相談に行きましょう。
  相談に行ったという事実が大切です。

2 その事実を、メモにして残しておきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの定義の使い方と6類型

前回の記事でも書きましたが、法律上は、パワハラは定義されていません。   しかし、厚労省の”職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議ワーキンググループ”というところが、パワハラについて定義を出 …

no image

反省なんかしなくてもいい。

パワハラなど、職場ハラスメントを受けていると、 どうしても、「自分が悪いのでは?」と、 思いますよね。   「こんなことをされるのは、 何かしら、自分が気に入らない部分があるからだ。」と、 …

no image

会社員に向いていないなら、副業・起業を考えておく。

転職を3回ほどしても、そこでパワハラを受けるとしたら、あなたは会社で雇われることに向いていないのかもしれません。 もしそうであれば、転職は根本解決にはなりません。 ですから、副業・兼業などの他の財務活 …

no image

パワハラの相談先に、「どんな証拠が必要か」と相談しておく。

パワハラの相談機関は、いくつかあります。 1つは内部のハラスメント相談室など、もう1つは外部の労働局などです。   ただ、どこの相談機関も、基本的な立場は「中立」です。 あなたの主張を丸ごと …

no image

パワハラに仕返しする場合の注意点

「パワハラに仕返ししたい」 この気持ちを持つことは、当然です。 加害者が得をし、被害者が損をするのがパワハラです。 復讐心を持つこと自体は、当然なのです。   【1】辞める覚悟が必要 復讐心 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。