パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラから脱出するために、バリュー・プロポジションを確認する。

投稿日:

バリュー・プロポジションという概念があります。

これは、次の3つを満たす価値のことです。

  1. 自社が提供できる価値
  2. 顧客が望んでいる価値
  3. 競合他社が提供できない価値

つまりは、自社だけが顧客に提供できる価値のこと。

 

私は、あなたにこの概念を次のように拡張して捉えています。

  1. 自分が提供できる価値
  2. 社会が望んでいる価値
  3. 他者が提供できない価値

つまり、あなただけが社会(他者)に提供できる価値のことです。

そして、あなたにこれを発見してもらうことが、私の役割の1つだと捉えています。

 

【1】パワハラを耐えることは、社会的に大きな損失

あなただけが社会(他者)に提供できる価値を、あなたが発見したとします。

その場合、あなたは今の職場、会社にいることを選ぶでしょうか。

あなたが提供する価値を望んでいる人がいて、そしてあなた以外には提供できないのです。

なぜ、あなたの価値を発揮できない職場に、いなければならないのでしょうか。

 

バリュー・プロポジションは、あなたの価値が、社会的に最大となる場所です。

それが発揮されていないということは、社会的損失なのです。

 

つまり、あなたがパワハラ被害を受けている現状にいるというのは、社会的損失です。

それに耐えている現状も、社会的な損失なのです。

 

【2】あなたの提供する価値を、待っている人がいる

これは逆から言えば、あなたの提供する価値を、待っている人がいるということ。

そして、それが満たされていないということです。

 

定義上、バリュー・プロポジションは、あなただけが提供できる価値です。

ですから、あなたがそれを提供しなければ、それを求める他者も満たされないままなのです。

 

パワハラ被害に耐えているだけの現状は、あなたの価値が最大限には評価されていない状態です。

そして、それだけではなく、その価値を求めている他者も、満たされていない状態です。

そのような状態に留まることが、本当によいことでしょうか。

 

【3】コーチングで、バリュー・プロポジションが見つかる

もし、あなた自身のバリュー・プロポジションが見つかったならば、あなたがパワハラ職場に居続けることは、あなたにとっても、社会にとっても良くないことです。

逆に、バリュー・プロポジションが見つかり、あなたがそれを社会に提供したとき、あなたは社会に対して最大限の貢献をしていることになります。

あなたも幸せですし、他者も幸せである、最高の状態です。

 

だからこそ、バリュー・プロポジションを見つけることが大切となります。

では、どうやったら見つかるのでしょうか。

もっとも単純な方法は、バリュー・プロポジションの定義にそって、考え続けることです。

これならば、誰でもできます。

ただし、時間が掛かってしまいます。

時間が掛かるということは、バリュー・プロポジションの発見が遅れることと同じです。

 

そこで、役立つのがコーチングです。

プロフェッショナル・コーチングを受けることで、短期間で自分のバリュー・プロポジションが見つかります。

 

【4】あなただけが提供できる、社会が望んでいる価値を探す

コーチは、あなたのゴール設定をサポートします。

そして、そのときに必ず抽象度の高いゴール設定を促します。

抽象度の高いゴールとはつまり、多くの人が幸せになるゴールのことです。

あなたが幸せになるだけでなく、できるだけ多くの他者が幸せになるゴールです。

それはつまり、あなたが提供できる価値で、社会(他者)が望んでいる価値を探すことに、他なりません。

 

このゴールの中に、あなただけが提供できる価値があれば、まさにそれがバリュー・プロポジションです。

 

もしバリュー・プロポジションが見つかったら、あなたは当然、その実現のために動かざるを得なくなります。

他者が望んでいて、「これは自分にしかできない」と確信できるなんて、これ以上に幸せなことはありません。

早く提供したくて、いてもたってもいられなくなります。

 

コーチングが目指しているのは、そこです。

あなたも、社会も渇望するようなゴールを見つけることです。

これを見つけるのは、決して不可能なことではありません。

コーチという、何があってもあなたの味方が1人いれば、必ず見つけられます。

 

ですから、ぜひ一度、コーチングを受けてみてください。

私のコーチングでなくても結構です。

あなただけが社会に提供できる価値を見つけ出し、または社会もあなたも実現を心から望むようなゴールを見つけることを応援してくれるコーチなら、誰でもよいのです。

 

あなただけが提供できる価値は、必ずありません。

まずはコーチと一緒に、それを見つけてみてください。

きっと、このバリュー・プロポジションは、どれほど辛い状況にいてもあなたを支える土台となってくれるでしょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ事例に関する、他の方のアメブロ記事をシェア

私も、会社を辞める前に 「スタッフや、取引先の前で 辞める理由を説明しろ!」と、 言われたことがあります。 断りましたけれどね。   ちなみに、義務ないことをさせるは、 強要罪という犯罪です …

no image

「スタンドプレー」と「指示待ち人間」

【1】私も、被害者の1人        私自身、パワハラを受けていました。        厚生労働省の6類型でいうところの、    精神的な …

no image

パワハラへの恐怖で縛られているときは、意図的に思考力を落とさない解決できない。

パワハラから抜け出すには、思考力をあえて落とす必要があります。 思考力を落とさないと、解決策を実行に移せないからです。 【1】思考力が高いと、解決策を実行に移せない 脳には「休止・計画モード」と「闘争 …

no image

パワハラ加害者がいる職場へ、復職せざるを得ない場合の対処法

パワハラを受けて、休職をせざるを得なくなると、次の問題が待っています。 復職をするかどうか、という問題です。 転職ができれば復職せずに転職するのが一番です。 ですが、多くの場合、精神疾患を抱えています …

no image

パワハラ加害者のために、あなたの人生全体を犠牲にしないためにも、「解決」を明確にしておく。

パワハラに立ち向かうときに、最初に決めておくべきものが「ゴール」です。 あなたが心から望む結末はどのようなものでしょうか? それは異動や転職かもしれませんし、加害者への責任追及かもしれません。 それを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。