パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けて「自分に非がある」と思ってしまうのは危険信号

投稿日:

パワハラを受けていると、通常は怒りが沸きます。

しかし、「自分に非がある」と思ってしまう人もいます。

自分の問題点を把握して、改善しようとするのは、とても素晴らしいことです。

ただ、それは危険信号かもしれません。

【1】自己責任だから耐えられる

自分に全く責任がないことの、責任を負うことは難しいのです。

自分がコントロールできないものに晒され続けると、抵抗することができなくなります。

これを心理学では、学習性無力感と呼びます。

無力であることを学習してしまうんです。

【2】「自分に非がある」は自己防衛のためかもしれない

反対に私達は、「自分に責任がある」と思えるから、辛いことにも耐えられます。

そのため私達は往々にして、辛いことを耐えるために「自分に責任がある」と思い込もうとします。

理不尽な苦しみに耐えることは辛いため、自己責任だと思い込もうとするのです。

【3】加担割合を考える

自分にも責任があると考えるのは、決して悪いことではありません。

しかし、100%の自己責任論は危険です。

100%自己責任論は、結果的に、「自分がすべてをコントロールしている」と考えることと同じであり、誇大妄想に近い考えです。

私達が現実の全てをコントロールすることはできません。

私達がコントロールできるのは、一部です。

そのため、私達が責任を負うことができるのも一部のみです。

パワハラ問題では加害者、被害者が中心となっていますが、被害者のみがそのパワハラ問題を引き起こしているわけではありません。

被害者がパワハラ問題を引き起こしている割合は、高く見積もっても2割です。

残りは、加害者や組織が責任を負うべきことです。

ある出来事が生じたときに、その出来事に自分がどれだけ加担をしているのかを考えるようにしてみてください。これは「加担割合」という交渉術の手法の1つです。

【4】自分の加担割合を認めつつ、理不尽にはNOと言おう

辛い現状に耐えるためには、ある程度は自分の非を認めることは大事です。

しかし、すべてを自分の責任とする必要はありません。

そして、全部を自己責任としてしまえば、改善できないことが出てきます。自分にはコントロールできないことまで、自分の責任だとしているからです。

自分の責任を一部は認めつつ、自分の責任ではない部分については相手方に責任を求めましょう。理不尽にはNOを言うようにしてください。

あなたは自分がコントロールできることについてのみ、責任を負えばよいのです。

加害者の行動は、あなたがコントロールできるものではありません。あなたが責任を負えるものではないのです。

「自分に非がある」、「自分に責任がある」と思うのはやめましょう。

「自分に非がある」「自分にも、一部責任はある」のように現実的に考えるようにすることを、どうか忘れないでくださいね。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ(パワー・ハラスメント)の定義とは?

パワー・ハラスメント(パワハラ)には、 法律上の定義はありません。   しかし、厚生労働省の 「職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議ワーキンググループ」が、 パワハラの定義を出しています。 …

no image

職場のハラスメントに取り組むべきは誰か?【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 職場いじめ・パラハラ・セクハラが、 放置される会社に未来などありません。 あなたがその被害を受け、 または、 他の人が被害を受けていることに気づいたら、 あなたが考えるべきは「どうやったら …

no image

パワハラ加害者の心理とは?

パワハラ加害者は、なぜあなたを攻撃するのでしょうか。 それは、「快適領域」というもので説明ができます。   【1】快適領域とは? 「快適領域」は、コーチング用語です。 ホメオスタシスのフィー …

no image

パワハラから脱出するために、バリュー・プロポジションを確認する。

バリュー・プロポジションという概念があります。 これは、次の3つを満たす価値のことです。 自社が提供できる価値 顧客が望んでいる価値 競合他社が提供できない価値 つまりは、自社だけが顧客に提供できる価 …

no image

【独立・起業】フローをストックに、ストックをフローに。

独立・起業においては、「フローをストックに、ストックをフローに」が合言葉です。 日々の活動は、ほぼすべて「フロー」ですが、それをいかに「ストック」にしていくか。 そして、「ストック」をいかに「フロー」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。