パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

高いゴールが、悩みを解決する。

投稿日:

悩みがあるときこそ、

高いゴールを思い出しましょう。

 

悩みがあるときは、

視野が狭くなっています。

 

では、視野を広げればよいのですが、

問題は、どうやったら視野が広がるか?です。

 

【1】視野を広くしろというのは簡単

視野を広くしろと言うのは簡単です。

でも、どうやったら視野が広がるのかは、

なかなか教えてもらえません。

コーチングでは、視野を広めるとき、

ゴール設定を使います。

 

【2】抽象度の高いゴールの威力

抽象度の高いゴールとは、

具体性に乏しいゴールであり、

多くのゴールを包摂するゴールです。

 

一般的にゴールは、

具体的であればあるほどよい、とされます。

 

しかし、悩みがあるときは、

具体的なゴールは、

あなたを縛り付ける可能性が高くなります。

 

【3】あなたが認識できるのは、重要なものだけ

私達は、重要なものしか認識しません。

 

悩みが生まれているときというのは、

あなたが認識できる範囲内に、

解決策がないということです。

 

つまり、同じ重要度のままでは、

解決策は見つからないということ。

 

意図的に、重要度を変えなければ、

解決策も見つからないということです。

 

【4】ゴール設定で、意図的に重要度を変える

適切にゴールを設定して、

そのゴール達成に本気で向かい始めると、

自然と重要なものが変わってきます。

 

車を買いたいと思い始めると、

自分が買いたいと思っている車が、

勝手に認識できるようになります。

 

 

悩みを持って本屋に行くと、

自分の悩みを解決できそうな本が、

勝手に目に飛び込んでくるようになります。

 

脳にゴールが設定されると、

脳は重要なものを変えて、そのために必要な情報を、

認識できるようにするのです。

 

【5】高いゴールを設定しよう

低いゴールを設定しても、

そのゴール達成に必要な情報は、

たしかに見えるようにはなります。

 

 

しかし、高いゴールを設定したほうが、

そのゴール達成のために必要な情報量は多いわけですから、

認識できるようになる情報量も増えます。

 

ですから、

悩みがあるときこそ、

高いゴールを設定して、

そのゴール達成のためにうごきましょう。

 

それが結果的に、

あなたの盲点を外して、

あなたのもともとの悩みを解決することに、

つながるのです。

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分を守るために、行動履歴を取っておく。

履歴がなければ、信じてなんてもらえません。   パワハラの被害を受けたら、 被害メモ、ボイスレコーダーでの録音など 証拠集めを行いましょう。   そして、同時に、解決に向けて あな …

no image

【雑記】プロセスを共有することで、仲間が増えていく

コーチで、YOUTUBEのリンクコラボという企画を立ち上げました。 この一連の流れを見ていただくことで、ゴールとプロセスの共有がいかに大切かを理解していただけたらと思います。仲間を作るプロセスというの …

no image

パワハラを解決したいなら、代理人を立てさせないこと。

パワハラをストップさせるためには、「代理人を立てさせないこと」が大事です。 バワハラは心理戦だからです。加害者に「コイツと関わると、自分がやばい」と思わせたらパワハラはなくなります。 このような心理戦 …

no image

「普通」と「普通以下」【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

何をどう言っても人をイラつかせてしまう……どうすれば?人に何かを伝えるとき、こちらにそんな意図がなくても相手を不快にさせてしまうことがある。「教えて!go……….≪ …

no image

パワハラ被害者が、心の回復力(レジリエンス)を高めるポイント

パワハラ被害者にこそ、心の回復力(レジリエンス)を高めることが大切です。 心の防御力を高めること、また心の回復力を高めることが、日々のエネルギーと直結します。 今回は、心の回復力(レジリエンス)を鍛え …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。