パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

法律関連 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを行政に相談するのにリスクはない。

投稿日:2016年10月2日 更新日:

パワハラ問題を、内部だけで解決するのは困難です。

 

そういう自浄作用が働かないからこそ、

パワハラが生じています。

パワハラを解決するには、何かしらの外部機関の協力が不可欠です。

 

【1】行政に相談することにリスクはない

行政は、そもそも中立です。

そして、リスクを取ることを、とても嫌がります。

 

ですから、あなたが相談したことが、

あなたの会社にバレることはありません。

 

あなたの希望も仰がずに、

勝手に指導をすることもありません。

 

相談をしただけで、

何かしらの不利益を被ることはあり得ません。

 

【2】大切なことは、相談した事実を作ること

相談することのリスクはありませんが、

相談したことの事実は、今後のあなたに大きな影響を及ぼします。

 

まず、自分はパワハラを被っていることが明確にわかります。

自分が受けている被害は、社会的に許されないものであることがわかり、

自分を責める必要がないことが分かります。

 

また、どのような証拠を集めればよいのかが、

より詳細にわかるようになります。

被害メモをどのように書けばよいのか、

どんな録音があるとよいのかが分かることで、

証拠集めが楽になります。

 

さらに、どのような手段を取りうるのかを、

真剣に考えられるようになります。

 

パワハラに対しては、いくつかの法的手段があります。

そしてそれは公開情報として出されています。

しかし、手続き自体をリアルに感じている人はほとんどいません。

 

この点、実際に運営している行政から説明を受けることで、

一気にリアルに考えられるようになるのです。

 

【3】相談に行くことだけでもしよう

相談に行っても意味がないと、思わないでください。

相談に行くことによって、自分の話をすることによって、

専門家からアドバイスを受けることによって、

あなたの現状は必ず少し変わります。

 

現状に対する「ものの見方」が変わり、

今までとは違った視点で、自分を見つめ直すことができます。

 

時間をとって、相談に行ってみてください。

相談するだけでも、大きく好転する可能性は十分にありますよ。

20160804

-法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラメール相談で有意義なアドバイスを受けるコツ

「勤務しているので、電話相談をする時間がない」、「言葉で説明するのが苦手なので、メールを相談したい」とお考えの方に、知っておいてほしいことがあります。 この記事をお読みいただくことで、パワハラメール相 …

no image

「無理難題」は、定義上、パワハラに該当するか?

パワハラは、法律上、定義されたものではありません。 行政が、それぞれ独自に定義を出しています。 たとえば、厚生労働省や法務局、教育委員会は、それぞれ別のパワハラの定義があるのです。 その中でも、多くの …

no image

パワハラで「仕事を辞めたい」は甘えなのか?

パワハラを受けていて、 会社を辞めたいと思うのは甘えなのでしょうか? もちろん、甘えではありません。   会社を辞めたい現状を受け入れることこそ、 甘えです。   【1】辞めるため …

no image

パワハラを受けているときに、自己肯定感、自己効力感を保つ方法

パワハラを受けると、誰でも自己肯定感や自己効力感が下がります。 自分の人格・性格、能力に対して自信を持てなくなるのです。 自己肯定感・自己効力感が下がれば下がるほど、パワハラ解決に向けた行動が難しくな …

no image

パワハラへ反撃するときに、覚悟するべきこと

パワハラに反撃をするときは、あることを覚悟しなければなりません。 それは、「加害者からの報復を受けること」です。 加害者は、ほぼ間違いなく報復をしてきます。 自分の行為をパワハラだと認めて反省し、謝罪 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。