パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

行政へのパワハラ相談をするときの注意点

投稿日:

行政にパワハラ相談に行くときに、

注意してほしいことがいくつかあります。

その中で、かなり大切なことの1つが「時間的余裕を持つこと」です。

 

【1】管轄を調べるだけでも20分ぐらいかかる。

労働局の力を借りたいときに、最初にすることは管轄を調べることです。

行政は、当然ですが、管轄外のことはできません。

ですから、まずは管轄を調べます。

 

しかし、管轄を調べてもらうだけでも、

20分程度は我慢しなければなりません。

電話の場合は、1回保留されるごとに2、3分は平気で待たされます。

そして、電話に出てきた人に、改めて説明をしなければなりません。

何に置いても一般企業ではありえないぐらい、時間がかかるのが行政です。

 

【2】担当者が出てくるまでも、時間がかかる

電話で管轄を確認するだけでも20分ぐらいかかるので、

実際に相談に行ったときについても、推して知るべしです。

 

相談予約が可能で、予約をして行ったとしても、

待たされることは覚悟しておきましょう。

 

当然ですが、先に電話相談をしていたとしても、

電話で相談した内容が

今回の相談担当者に伝わっているとは、期待しないでください。

 

【3】最初から時間的余裕を持っておく

行政は、何をするにしても待たされます。

ですから、もともと「そういうものだ」という意識を持っていただきたいのです。

 

待たされること、何度も同じ説明をすることにイライラすると、

それが担当者に伝わってしまいます。

すると、「この人は、こうやってイライラするから、パワハラに遭うんだ」と思われてしまい、

味方にすることが難しくなります。

 

ですから、もともと行政の動きは遅いものであること、

そして、何をするにも時間がかかるものだと思っていただけたらと思います。

 

ですから、行政に相談に行くときは、

時間的余裕を持つことを、お忘れなく。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「いい人」をやめずに、パワハラ職場を脱出する方法(1)

「いい人」であればあるほど、   パワハラから抜け出すのが難しくなります。   そうすると、「いい人」をやめようという主張がなされます。 しかし、そんなに簡単に 「いい人」をやめら …

no image

パワハラを受けていて「仕事を辞めたい」と思うのは、甘えなのか。

パワハラ被害者は、毎日をギリギリのところで過ごしています。 しかし、「今、ここで仕事を辞めるのは逃げだ」と思ったり、「辞めたいと思うのは、『甘え』なのではないか」と思ってしまい、がんばりすぎてしまいま …

パワハラ・職場モラハラの加害者は、がん細胞である。

パワハラ・職場モラハラが放置される職場に 未来はありません。 一刻も早く、その職場から抜け出すことを 考えるべきです。   どうやったら加害行為をストップさせるかよりも、 どうやったらその職 …

no image

パワハラをすると、指導力を高めることができなくなる。

指導力を高めたければ、恐怖による指導をしないと決めることです。 少なくとも、減らすと決めることです。 【1】恐怖による指導は誰でもできる 指導相手を脅したり、傷つけたりするのは、誰でもできます。指導に …

no image

書評『バリュープロポジション戦略50の作法 – 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために』

今回は、起業・副業に役立つ書籍のご紹介します。   『バリュープロポジション戦略50の作法 – 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために』、これは必読の本です。 平静2 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。