パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

行政へのパワハラ相談をするときの注意点

投稿日:

行政にパワハラ相談に行くときに、

注意してほしいことがいくつかあります。

その中で、かなり大切なことの1つが「時間的余裕を持つこと」です。

 

【1】管轄を調べるだけでも20分ぐらいかかる。

労働局の力を借りたいときに、最初にすることは管轄を調べることです。

行政は、当然ですが、管轄外のことはできません。

ですから、まずは管轄を調べます。

 

しかし、管轄を調べてもらうだけでも、

20分程度は我慢しなければなりません。

電話の場合は、1回保留されるごとに2、3分は平気で待たされます。

そして、電話に出てきた人に、改めて説明をしなければなりません。

何に置いても一般企業ではありえないぐらい、時間がかかるのが行政です。

 

【2】担当者が出てくるまでも、時間がかかる

電話で管轄を確認するだけでも20分ぐらいかかるので、

実際に相談に行ったときについても、推して知るべしです。

 

相談予約が可能で、予約をして行ったとしても、

待たされることは覚悟しておきましょう。

 

当然ですが、先に電話相談をしていたとしても、

電話で相談した内容が

今回の相談担当者に伝わっているとは、期待しないでください。

 

【3】最初から時間的余裕を持っておく

行政は、何をするにしても待たされます。

ですから、もともと「そういうものだ」という意識を持っていただきたいのです。

 

待たされること、何度も同じ説明をすることにイライラすると、

それが担当者に伝わってしまいます。

すると、「この人は、こうやってイライラするから、パワハラに遭うんだ」と思われてしまい、

味方にすることが難しくなります。

 

ですから、もともと行政の動きは遅いものであること、

そして、何をするにも時間がかかるものだと思っていただけたらと思います。

 

ですから、行政に相談に行くときは、

時間的余裕を持つことを、お忘れなく。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

夫が職場でパワハラ・職場いじめ・嫌がらせを受けている場合にやるべきこと

【夫がパワハラを受けている】 「夫(旦那)が職場で、いじめを受けている」という相談は、 実はよくあります。   ただ、この場合には、   男性であることが、 解決のネックになること …

no image

パワハラの恐怖を克服するための第一歩とは?

パワハラは、恐怖との戦いです。   パワハラへの対抗策は数多くありますが、恐怖感情が邪魔をします。 逆に言えば、恐怖感情を克服できれば、 それだけで多くの選択肢が生まれます。   …

no image

パワハラ脱出に役立つメルマガ

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせから脱出するための、 具体的なステップを書いたメルマガを無料で提供しています。   職場で無視されたり、悪口・陰口を言われたり、 雑用を押し付けられたり、無謀な …

no image

自分にしかできない社会貢献を見つけると、自己肯定感をすぐに取り戻すことができる。

パワハラ被害を受けているときに、 自己肯定感を保つのは、簡単なことではありません。   日々繰り返されるあなたに対する言動に対して、 まず戦わなくてはなりません。 同時に、それに対して対策行 …

no image

【雑記】空気を動かす方法論-《プロセスを細かく共有する》

集客のうまい人のSNSを見ていると、本当にまめにお知らせしていることに気づく。いきなり告知せずに、告知の予告を経ての告知が多い。このあと◯時にお知らせします、もうすぐです、→はい、告知ー!と。プロセス …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。