パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

スピード起業・副業に役立つ「公開コミュニケーション」

投稿日:2017年5月9日 更新日:

パワハラ被害者の副業・起業には、スピードが大切となります。

そのときに大切となるのが、クライアント対象との「公開コミュニケーション」です。

 

たとえば、ツイッター上ではリプライというものを使って、公の場でコミュニケーションができます。

アメブロ、Facebookでは記事のシェア、コメントを使って可能です。

SNSはもともとコミュニケーションのツールです。

SNSを使って、積極的に公開コミュニケーションを行いましょう。

 

【1】相手のために、コミュニケーションをする

コミュニケーションをする最終目的は、あなたの起業・副業のスピードを速めることです。

しかし、直接的には、当然ですが相手のためのコミュニケーションをします。

 

相手のゴール達成に貢献するために、あなたは相手とのコミュニケーションを図るのです。

相手の欲望・目的・関心を充足するために、相手とのコミュニケーションを求めるのです。

 

 

【2】誰とコミュニケーションを取るべきか

あなたは、相手のために、コミュニケーションを取っていきます。

では、誰とコミュニケーションを取っていくべきでしょうか。

それは、あなたのゴール実現、達成に重要な役割を果たしてくれる人です。

 

つまりは、あなたの分野の有名な専門家と、クライアント(候補)です。

 

これは、とても冷たい考え方のように見えますが、そうではありません。

 

自分のゴールを犠牲にすることは、美徳でもなんでもありません。

自己利益を確保することは、より大きな社会貢献をするためには必須なのです。

この点については、次の本に詳しく書かれているので、ご一読いただけたらと思います。

http://amzn.to/2okhKam

 

【3】公開の場で、コミュニケーションをとる

コミュニケーションをする場合は、必ず公開の場で行うようにしましょう。

ツイッターではリプライ、リツイートなどの機能を使って、コミュニケーションをします。

 

ダイレクトメッセージを使うのは、契約に関係するときだけにしましょう。

たとえば、先輩の専門家とのコラボレーションを依頼したり、クライアントと契約内容について話したりする場合だけです。

 

公開コミュニケーションの利点は、誰もが観ることができることです。

あなたが、コミュニケーション相手へ貢献している姿を、公に知ってもらいやすいということです。

これは、あなたがどのような社会貢献ができるのかを、具体例を通して社会に示せるということ。

 

あなたは実際に社会貢献をしているのですから、躊躇や遠慮は必要ありません。

どんどん、社会貢献を公の場で行っていきましょう。

 

SNSは単なるマーケティングのツールではありません。

あなたの専門技術を使って、自分と他人をゴールへと前進させながら、マーケティングをするツールです。

ですから、どんどん行っていきましょう。

 

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラ・職場モラハラを打破するために、小さなこと、些細なことにこそ、反撃をしていく。

パワハラ・職場モラハラの解決において、 もっとも難しいのが周囲の理解を得ることです。   パワハラ・職場モラハラは、 多くの場合、小さな小さな攻撃の積み重ねです。   そのため、そ …

no image

「パワハラは甘えだ」という人は、ただの勉強不足。

「パワハラは甘えだ。自分達の時代は当たり前だった」という人たちがいる。 過去はうさぎ跳びが当たり前だったけれど、今はそれが身体にとってよくないこととされている。 パワハラも同じで、それはよくないことだ …

no image

【Sarahahご回答】辞めるために、できることは何でもしてみる。

 状況も状況であり、明日にでも退職をしたいとのことですから、どうやったら辞められるかを考えるのが最善だと思います。 もうすでに始められているとは思いますが、転職活動は必ず行っておいていただきたいです。 …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

パワハラ被害者こそ、ビジネスのゴールを設定しよう。

今回は、コーチング編です。   辛い現状にある人にこそ、設定してほしいゴールがあります。 それが、ビジネスのゴールです。 Shinzo Kobayashi via Compfight 【1】 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。