パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

スピード起業・副業に役立つ「公開コミュニケーション」

投稿日:2017年5月9日 更新日:

パワハラ被害者の副業・起業には、スピードが大切となります。

そのときに大切となるのが、クライアント対象との「公開コミュニケーション」です。

 

たとえば、ツイッター上ではリプライというものを使って、公の場でコミュニケーションができます。

アメブロ、Facebookでは記事のシェア、コメントを使って可能です。

SNSはもともとコミュニケーションのツールです。

SNSを使って、積極的に公開コミュニケーションを行いましょう。

 

【1】相手のために、コミュニケーションをする

コミュニケーションをする最終目的は、あなたの起業・副業のスピードを速めることです。

しかし、直接的には、当然ですが相手のためのコミュニケーションをします。

 

相手のゴール達成に貢献するために、あなたは相手とのコミュニケーションを図るのです。

相手の欲望・目的・関心を充足するために、相手とのコミュニケーションを求めるのです。

 

 

【2】誰とコミュニケーションを取るべきか

あなたは、相手のために、コミュニケーションを取っていきます。

では、誰とコミュニケーションを取っていくべきでしょうか。

それは、あなたのゴール実現、達成に重要な役割を果たしてくれる人です。

 

つまりは、あなたの分野の有名な専門家と、クライアント(候補)です。

 

これは、とても冷たい考え方のように見えますが、そうではありません。

 

自分のゴールを犠牲にすることは、美徳でもなんでもありません。

自己利益を確保することは、より大きな社会貢献をするためには必須なのです。

この点については、次の本に詳しく書かれているので、ご一読いただけたらと思います。

http://amzn.to/2okhKam

 

【3】公開の場で、コミュニケーションをとる

コミュニケーションをする場合は、必ず公開の場で行うようにしましょう。

ツイッターではリプライ、リツイートなどの機能を使って、コミュニケーションをします。

 

ダイレクトメッセージを使うのは、契約に関係するときだけにしましょう。

たとえば、先輩の専門家とのコラボレーションを依頼したり、クライアントと契約内容について話したりする場合だけです。

 

公開コミュニケーションの利点は、誰もが観ることができることです。

あなたが、コミュニケーション相手へ貢献している姿を、公に知ってもらいやすいということです。

これは、あなたがどのような社会貢献ができるのかを、具体例を通して社会に示せるということ。

 

あなたは実際に社会貢献をしているのですから、躊躇や遠慮は必要ありません。

どんどん、社会貢献を公の場で行っていきましょう。

 

SNSは単なるマーケティングのツールではありません。

あなたの専門技術を使って、自分と他人をゴールへと前進させながら、マーケティングをするツールです。

ですから、どんどん行っていきましょう。

 

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者を監視(ウォッチ)することで、加害行為にけん制をする。

パワハラに耐え続けても、エスカレートする一方です。無視したり、耐えてはいけません。 しかし、反撃をするのも心理的にはハードルが高いでしょう。 そのような場合は、けん制することをお勧めします。まずやって …

no image

パワハラ被害者は”自分が悪いのではないか”と思うと、負のスパイラルになる。

パワハラ・職場いじめを受けているときに、”自分にも悪いところがある”と考え始めると、思考が負のスパイラルに入りやすいで、お勧めしません。 ”私はこのような扱いを受けるべき人ではない”と本気で思ってこそ …

no image

パワハラを行政機関に相談するときは、法律家と一緒に行く。

労働局、労基署に、パワハラの相談に行くとき、可能であれば法律家と一緒に行きましょう。 法律家と一緒に行くだけで、担当者の対応が大きく変わるからです。 ELSA International via Co …

パワハラ行為を止めてほしいと、言えないときの対処法

パワハラ行為を受けたとき、 「止めてほしい」と言えるなら、エスカレートはしません。   しかし、「止めてほしい」と誰にも言えないと、 どんどんエスカレートしてしまいます。   【1 …

no image

職場いじめ・嫌がらせ対策に、証拠が必要となる理由。

人間の性質上、いじめ・嫌がらせは行われるものです。 だからこそ、それに対処する技術は、全員が身に付けておくべきものだと考えています。 そして、いじめ・嫌がらせに対処するために大切となるのが「証拠」です …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。