パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラから脱出するために、どのような「公開コミュニケーション」をするべきか。

投稿日:2017年5月10日 更新日:

以前に、SNSでは公開コミュニケーションをしようという話を書きました。

公開コミュニケーションは、スピード起業・副業にとても役立つからです。

そして、自分だけにとってよいことなのではなく、誰かにとってもよいことになります。

 

【1】公開コミュニケーションの実例

私は、下記のツイートを見つけたので、引用リツイートというものをしました。

ツイートをリツイートしつつ、自分の意見も書いたのです。

https://twitter.com/leekeonchi/status/854115117725696000

【2】全員の人生が好転する

元のツイートの発信者は、自分のツイートがリツイートで広がることで、自己肯定感を高く維持できます。

そして、私も専門家としての意見を加えてリツイートすることで、私自身を広報できました。

さらに、私のフォロアーもパワハラについてのリアルな情報と、専門的な情報を同時に知ることができています。

全員が、自分のゴールに進むことができる状態が生まれています。

 

【3】関係者の全員のゴールを促進するコミュニケーション

コミュニケーションの目的は、関係者がゴールに近づくのを促進するためです。

コミュニケーションの相手方は、あなたのために存在するわけではありません。

また、同時に、あなたも、相手のために存在するわけでもありません。

 

全員が、各自、それぞれゴールを持っています。

コミュニケーションは、その各自がゴールにより近づけるようにするためにするものです。

 

ですから、誰かのツイートを引用して批判をしたりするのは止めましょう。

あなたのゴールと、相手のゴールが一致するときだけ、コミュニケーションを図るようにするのです。

 

SNSはコミュニケーションのツールですから、コミュニケーションをどんどん行っておきましょう。

そして、多くの人が、その人のゴールに近づけるように、貢献をしていきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「脳と心」の使い方を応用して、仲間や味方をつくる

電子書籍『パワハラによる孤立から脱出する方法』に、5つ星レビューを頂きました。 http://amzn.to/2qh4IhP コーチングは、人間の「脳と心」の使い方を学ぶものです。 ですから、それを応 …

no image

厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身 …

no image

パワハラを受けて独立を考えたとしても、いきなり独立はしてはいけない。

パワハラを受けて、独立を考えたとしても、いきなりの独立・起業はお勧めしません。 まずは、副業で、できる限りのことをしておきましょう。   たとえば、個人向けのサービスを提供する場合、メルマガ …

no image

パワハラへ反撃するときに、覚悟するべきこと

パワハラに反撃をするときは、あることを覚悟しなければなりません。 それは、「加害者からの報復を受けること」です。 加害者は、ほぼ間違いなく報復をしてきます。 自分の行為をパワハラだと認めて反省し、謝罪 …

no image

パワハラ・職場いじめを相談するのは、本当に勇気が必要

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせについて、 誰かに相談するのは、勇気が必要なことです。   自分の存在対する恥の感情が出てきますから、 相談すること自体が難しい。   ですから、 も …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。