《「利」を切れる》からこそ、パワハラと戦える

『アカギ-闇に降り立った天才』というマンガがあります。

その中に、鷲尾という敵がアカギを、次のように賞する場面があります。

《この男は・・・・・・自分の「利」を切れる男・・・・・・!》

この「利」を切ることができるかどうかは、パワハラと向き合うときにも大切となります。

 

【1】損失を許容できるかどうか

《「利」を切る》というのは、これは損失を許容できるかどうかということです。自分が持っているものを、どこまで失ってもよいかを決められることです。これは起業論では「許容損失の原則」と呼ばれます。

パワハラと戦う場合、さまざまな損失が予想されます。少なくとも労力、時間はかかります。専門家を雇うことになれば、お金もかかります。この損失を許容できる人だけが動けます。

 

【2】リスクに目をつぶるのではない

「許容損失の原則」は、リスクに目をつぶるのではありません。むしろ、積極的にリスクを見つめ、その上で最悪の場合でも許容できるかどうかを判断します。

適切にリスクを取るために、リスクを見つめるのです。リスクを見つめ、許容できると判断したからこそ、迷わずに行動に移せるのです。たとえば、私の場合は、顔を出すリスクを考慮した上で、そのリスクは許容できると判断したから、そうしています。

 

【3】損失を織り込んであるからこそ、新しい行動ができる

副業・起業に関する情報発信についても、実はリスクがあるものです。これを始めることによって、Twitterでいえばフォロアーが、YOUTUBEでもチャンネル登録者が減る可能性は高いと思っています。しかし、それは織り込み済みなのです。

どれだけの利益が出るかについては、実行に移してみないと分からないことのほうが多いのです。取らぬ狸の皮算用をしても、意味がありません。しかし、損失を予想して、それを織り込むことはできます。逆にいえば、損失を織り込んでおかないといつまでも不安が増大して、動けなくなります。

損失を織り込んでおくからこそ、動けるようになるのです。

 

【4】最悪の事態を想定して、許容できるかどうか

最悪の事態を想定して、それが許容できるかどうかを考えてみましょう。

その上で、許容できると思ったり、「大したことない」と思えるなら、実行に移せばよいのです。

もし、冷静に判断して許容できないと思ったら、別の方法を考えたほうがよいでしょう。

いずれにしても、新しい行動を起こすには損失を覚悟しなければなりません。生じうる損失を覚悟できるからこそ、挑戦ができるのです。

自分は何も賭けることなく、利益だけを得ようとするなんてことは、やはりできないのです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。