パワハラと戦う仲間の作り方:動画リンクコラボ企画で実証した方法

【1】ゴールの共有と、プロセスの共有

仲間を作るためには、次の2つが必要です。

  1. ゴールの共有
  2. プロセスの共有

ゴールを共有し、そのゴール実現に至るプロセスを共有することです。

そして、この2つがされることで本当に仲間が作れることを、「動画リンクコラボ」という企画で実証しました。

【2】動画リンクコラボ

動画リンクコラボというのは、URL上でのコラボレーションです。「私がお勧めするストレス解消法」というテーマで、複数の規格参加者が動画を撮影し、公開します。そして、動画公開をしたときに動画説明欄で、それぞれの動画URLを紹介するというものです。

リンクコラボ再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLfd86zGkOshkuVTLl8xTSLpRG2MAHwZ-Q

このリンクコラボという企画をしている人は少ないため、どうやったら参加者が増えるかはかなり考えました。

【3】プロセスの共有

実際に効果があったと思えるものが、「プロセスの共有」というものです。

”リンクコラボをやりたい”とSNSで書くところから始め、”一緒にやりましょう”と呼びかけ、問い合わせがあれば”問い合わせがあった”と書いて、参加者が増えれば”参加者が増えた”と書きました。私の体験を、ほぼリアルタイムで共有していったのです。

体験の共有をすればするほど、多くの人が興味を持ってくれ、参加者が増えました。好循環が起き始めたのです。

最終的には、当初の希望に近い数である7人の参加者となりました。

リンクコラボの人数はもともと8名ほどで考えていたので、ほぼ理想の人数が集まりました。

しかも、たった1週間で集まったのです。

【4】ゴールに向かいつつある感覚

プロセスの共有は、仲間を集めるのにとても役立つ手法です。

プロセスを共有することによって、人を巻き込むことができるのは、”ゴールに向かいつつある感覚”が生まれるからでしょう。

自分も一緒にゴールに近づいている感覚が生まれるからでしょう。

より正確に言うなら、ゴールに近づきつつある感覚が生まれて、ゴール実現が可能だと思えるようになるからだと思います。

【5】加害者以外は、パワハラを職場からなくしたいと思っている

加害者を除いて、誰でもパワハラを職場からなくしたいとは思っています。

ただ、それが実現可能だとは思っていないから、誰も動かないのです。

しかし、その状況を変えることはできる可能性があります。

プロセスの共有という手法を使うことで、周囲を味方につけていくことが可能なのです。

周囲の味方が増えれば増えるほど、パワハラをなくすという夢物語の実現可能性は高まります。周囲の人も実現可能だと思い始めるでしょう。そうなれば、一気に味方となってくれる人が増えるはずです。

ゴールを示し、ゴール実現に向けてあなたが取っている行動を共有していきましょう。そのプロセスを細かく共有すればするほど、周囲の人は、ゴール実現の可能性を感じ取ることができるようになります。

諦めずに動いていきましょう。そして、その動きを共有していくのです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。