パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者から「被害妄想だ」と言われたときの、対処法

投稿日:

パワハラ加害者に対して反論をすると、「被害妄想だ」とか、「頭がおかしいのでは?」と言われることがあります。

これを言われると腹が立つ一方で、不安になってしまうものです。

”自分が敏感になりすぎているのでは?”と、心のどこかで思ってしまうものだからです。

 

しかし、そのようなことをあなたが気にする必要はありません。

被害妄想かどうかを決めるのは、加害者でも、あなたでもなく、第三者だからです。

もっと言えば、ハラスメント相談機関、労働局、裁判所などが決めることです。

 

ですから、あなたは「『被害妄想だ』という言葉が、パワハラですよ」と言えばいいのです。

「被害妄想」という言葉が、よい意味でつかわれることはありません。

それは、言葉によるパワハラです。

 

「被害妄想」と言われて、それを気にしないことは難しいでしょう。

しかし、本当に被害妄想であるかどうかを決めるのは、あなたではありません。

加害者でもありません。

あなたたちとは利害関係のない、第三者が決めることです。

 

ですから、あなたは「被害妄想だ」という加害者の言葉そのものを、問題としましょう。

 

そう加害者が言ったという記録を取って、後々の反撃に備えましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで仕事を辞めたいけれど、辞められないなら、するべきこと。

パワハラを受けて仕事を辞めたい。 しかし、辞められない。 こうなると多くの人が、身動きが取れない状態になります。 そして、「耐える」という選択肢を選びがちになります。   しかし、そのような …

no image

パワハラ被害者は”自分が悪いのではないか”と思うと、負のスパイラルになる。

パワハラ・職場いじめを受けているときに、”自分にも悪いところがある”と考え始めると、思考が負のスパイラルに入りやすいで、お勧めしません。 ”私はこのような扱いを受けるべき人ではない”と本気で思ってこそ …

no image

「職場の病気」としてのパワハラ

世の中には、常に誰かがパワハラに遭っている職場があります。 もしあなたが被害に遭う前に、誰かが同じような被害に遭っていたなら、パワハラは「職場の病気」の可能性があります。 パワハラを生み出す職場となっ …

no image

【雑記】行動記録があなたを助ける

パワハラに限らず、解決に向けた行動をとることは大切です。 そして、その行動記録をとることも大切です。 【1】行動することが大切 問題解決のために考えることは大切です。たとえば、私は今、オルタナティブ・ …

no image

辛い現状を変えるためには、そのための特別な心理技術が必要。

辛い現状にあるとき、カウンセリングは必須です。 ですが、カウンセリングだけでは、現状を変えることはできません。 カウンセリングの目的がそもそも、元の状態に戻すことだからです。 マイナスをゼロの状態に戻 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。