パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ脱出のためにゴールが近づいてきたら、すぐに更新する。

投稿日:2017年4月16日 更新日:

今回は、コーチング編です。

浅田真央さんが、引退されました。

《自分を支えてきた目標が消えて、選手として続ける気力がなくなりました》とのことです。

http://news.line.me/issue/oa-mainichi/1hrjab490u4vo?utm_source=Facebook&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=fCU91844759095

 

【1】ゴールが近づくと、エネルギーが失われる

コーチング理論の素晴らしいところは、現象を予測でき、制御できるところです。

コーチング理論では、モチベーションはゴールと現状のギャップによって生まれると説明されます。

逆に言えば、ゴールを達成してしまえば、モチベーションは消えるのです。

 

【2】ゴールを更新する

そのため、コーチは、ゴールが近づいてきた時点で、ゴールの更新を促します。

つまり、現状では達成できないようなゴールへと、ゴールを遠ざけるのです。

これによって、モチベーションが復活します。

 

これはパワハラから脱出するときでも同じです。

多くの人は、「転職」や「退職」をゴールとしています。

だからこそ、動けないのです。

 

【3】転職、退職はゴールとして近すぎる

転職するのは、楽ではないかもしれません。

退職するのも、さまざまな障害があるでしょう。

 

ですが、ただ転職するだけなら、ただ退職するだけなら、そこに障害はないはずです。

給料がどれだけ下がってもよいと思えるなら、同じような業界で雇ってくれるところはあるでしょう。

ただ退職するだけなら、退職届を郵送すればいいだけです。

 

いずれも、ゴールの定義が広いために、ゴールとして近すぎるのです。

 

【4】ゴールを遠くに設定する

ゴールは遠くに設定しましょう。

転職を考えるなら、転職先に高い基準を設定してみるのです。

退職を考えるなら、どうせなら起業も考えてみましょう。

それぐらい、現状とのギャップがあるゴールでなければ、人は動こうとしません。

 

もし、あなたが今、動けないのだとしたら、ゴールが近すぎる可能性があります。

ですから、ゴールを遠くに設定してください。

あなたが本当に達成したい、理想的なゴールを設定しましょう。

それがあなたを引っ張る支点、杭(クイ)になります。

 

ゴールを更新して、自分を動かしていきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

仕事上のパワハラに耐えるべきではない6つの理由。

パワハラに「耐える」というのは、社会的には大きな損失です。 他の職場であれば発揮される、あなたの高い生産性が奪われてしまいます。 そして生産性が下がり、不要なコストが不可されたものを最終購入者が得るこ …

no image

パワハラは「誰に相談するか」が大切。

パワハラは、「誰に相談するか」が大切です。 不適切な相手に相談をすると、二次被害にあいます。 「あなたが悪いのではないか」など言われて、さらにショックを受けてしまいます。 ですから、二次被害に遭わない …

no image

経営者のパワハラ対策第一歩は、被害者とチームを組むこと。

経営者として、社内のパワハラを本気で撲滅したいなら、まず被害者とチームを組みましょう。 経営者には経営者にしかできないことがあり、被害者には被害者にしかできないことがあります。 — 三國雅洋:パワハラ …

no image

パワハラを受けるのは、「社会不適合者」だからでは、決してない!

パワハラをいろいろなところで受けると、「自分は社会不適合者なのでは?」と思うことがあります。 しかし、会社は社会ではありません。仮に会社に適合できなくても、社会には適合している人は大勢います。 個人事 …

no image

転職と起業を、必ず選択肢に入れる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  現実的なことを言えば、  パワハラ職場・職場いじめから逃れる方法は、2つです。  転職または起業です。    法律家として心苦しいところはありますが、  法律は武器の1つです。  戦うた …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。