パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

経営者として、職場のパワハラ解決のためにするべきこと

投稿日:

職場内でパワハラが行われていても、それを解決に導くのは簡単なことではありません。

組織としてその加害者を放置せざるをえない場合が多いからです。

たとえば、加害者がもっとも仕事ができる人であったり、自分より年配であったりです。

そのため、多くの組織では”パワハラを放置する”ということをします。

しかし、それが加害者のパワーをより強力にしてしまうのです。よりコントロールができなくなる結果につながってしまいます。

【1】観察をすることから始める

加害者がパワハラをしている可能性を発見したときは、まず加害者の行為を観察することから始めます。

それが職場環境を悪化させる行為であるかどうかを冷静に判断するためです。

そして、職場環境を悪化させるパワハラ行為であると判断した場合は、被害メモなどで証拠を集め始めます。

【2】証拠を集める

パワハラ行為だと判断した場合は、それらを証拠に集めるようにします。

理想は被害メモと録音の2つです。しかし、実際にはこの2つを集めるのは困難を極めるでしょう。その場合は被害メモだけでもよいので、集めるようにしてください。

そして、その被害メモを示して、被害者に協力を求めるのです。

【3】被害者とチームを組む

加害者のパワハラ行為をストップさせるには、証拠は必要となります。

そのためには組織として集めた証拠と、被害者の集めた証拠の両方が必要です。

被害者の主観でないことを示すために組織として集めた証拠が必要であり、”被害者は苦痛に思っていない”という主張を退けるために被害者が集めた証拠が必要です。

パワハラは経営者と被害者がチームを組んで、対応するべき問題なのです。

【4】「小さい指摘」から始める

最初は「小さい指摘」から始めましょう。

パワハラ加害者に対して、パワハラ行為とみられる行動があることを指摘して注意するのです。そして、当然ですが指摘した内容についても証拠は取っておきます。これが組織としては、法的リスクのマネジメントになります。

加害者がパワハラ行為をするたびに、それについては中止するようにと指摘をしておきます。

この小さな指摘が多ければ多いほど、加害者はパワハラ行為がしにくくなります。

大きな処分をまとめてするよりも、小さい指摘を数多くするほうがよいのです。そして、できれば「そのような行為はあなたらしくない。次からはこのようにしてください。」という形で指導をするのが望ましいです。

加害者の人格攻撃をしても、加害者の言動は変わりません。心理学的に、人格への批判は、行為の改善につながらないことが分かっているのです。

ですから、人格ではなくて行為について指摘をします。そして、代替案を示すようにするのです。

【5】法的手段は必要ない

経営者が適切に動けば、職場内のパワハラを解決するのに法的手段は必要ありません。

わざわざそのような大問題に発展させる必要はないのです。

しかし、さまざまな心理戦の技術は必要となります。

もし、あなたが組織内のパワハラでお困りでしたら、ぜひ下記コンサルティングをご利用ください。

現実的な解決策をアドバイスいたします。

pawahara.info/pwhr-slv-cnslt

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて副業・兼業を考えているが、法律的にはどうなのか?

複数の方から、 副業・兼業についての法律について ご質問がありました。   今回は、大まかに 副業・兼業についての法律について お話ししたいと思います。 Steve Baker via Co …

no image

パワハラから脱出するために、ゴールを設定する。

パワハラから脱出して、あなたはどうなりたいでしょうか。 ここが決まらないと、取るべき行動も決まりません。 方法は、目的と現状によって決まるからです。   【1】復讐したいというのも、立派な動 …

no image

選手が、パワハラに勝った事例【なでしこリーグ岡山湯郷のパワハラ騒動】

なでしこリーグの4選手が、 監督と指導法についての対立があり、 退団を申し込みました。     そして、それを受けて、 監督が解任。   GMも責任を取って辞任するという …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

パワハラ加害者に対して、アサーティブな自己主張を心掛ける。

アサーション(またはアサーティブ・コミュニケーション)と呼ばれる自己主張法があります。   アサーションは、攻撃的にも、受動的にもならない、建設的な自己主張法です。 アサーションを身に付ける …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。