パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラと戦う勇気は、パワハラと一緒に戦う仲間から生まれる。

投稿日:

【1】最終的に必要となるのは、勇気

パワハラを解決するのに、最終的に必要となるのは勇気です。

組織にハラスメント相談室があったとしても、相談室に行くことができなければ解決できません。同様に、パワハラの証拠をどれだけ集めたとしても、その証拠を使うことができなければ解決はできません。

パワハラ解決に向けた行動を起こすには、勇気が必要となるのです。

【2】どうすれば勇気が生まれるのか

しかし、「勇気を出せ!」と言って、勇気が出るものではありません。

セルフコーチングによって勇気を出すことはできるようになりますが、それには時間が掛かります。パワハラ被害に遭っている状況では、あまり時間はかけられません。

そこで、短期間で勇気を出すための具体的な方法論が必要となります。

【3】仲間の存在が勇気を生む

勇気を持つための方法論は、さまざまあります。

しかし、もっとも簡単で効果的であるのは、仲間を作ることだと確信しています。

私は動画リンクコラボという企画を立ち上げて、企画成功に向けての行動を起こしていました。複数人で同じテーマについて、動画をアップするというインターネット上での企画です。

この企画は最終的には7人で行うことになり、7人がそれぞれ「私がお勧めするストレス解消法」というテーマで、動画を撮影しYOUTUBEにアップしました。そして、その中には2人も、初めてYOUTUBE動画撮影を行った人がいるのです。

まさにこれが、人間心理だと思います。

私達は、仲間がいれば、勇気を出して一歩踏み出せるのです。

【4】勇気を出そうとしなくてもよいので、仲間を探そう

つまり、勇気を出そうとしなくてもよいのです。たった一人でも仲間が見つかれば、自然と勇気が出てきます。

ですから、仲間を作るための行動を起こしましょう。あなたの味方となってくれる人を探しましょう。あなたの話を聞いてくれる人を探しましょう。

もちろん、その相手が専門家であればなおよいでしょう。しかし、最初は専門家に連絡を取る勇気を出すことさえ難しいはずです。

そのようなときも同じです。少し勇気を振り絞って行動を起こすか、もしくは仲間を探す行動を起こせばよいのです。

あなたを支え、応援し、背中を押してくれる仲間を探しましょう。最初はインターネット上だけでのつながりでもよいのです。仲間がいることが何より大切なことです。

もし身動きがとれなくても、諦めないでください。仲間が1人見つかれば、あなたは恐怖を乗り越えて行動を起こすことができるようになります。

恐怖を乗り越えるあなたを支えてくれる、あなたの味方を探しましょう。

そして、あなたも恐怖を乗り越える意志を、仲間に示してください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

公立学校の部活動顧問での時間外労働の強要は、一般社会ではパワハラに当たる。

文部科学省のHPに、『時間外勤務に関する法令上の根拠』が書かれています。   上記のHPは、とても理解しやすいですので、 ご一読いただくのがよいでしょう。   これによると、 公立 …

no image

パワハラ解決の方法がないのではなく、心理的に実行ができないだけ

パワハラ解決の方法は、たくさんあります。 あなたが達成したい目的と、あなたが置かれた状況を踏まえれば、方法は見つかるものです。 誰でも今すぐ実行できるものとしては、次のようなものがあります。 被害メモ …

no image

パワハラは、「加害者が100%悪い」と思っていればいい。

パワハラ被害者にとりあえず覚えておいてほしいのは、「加害者が悪い」と思っておけばよいということ。 加害者が「自分にも悪いところがあると思うけれど」と言わない限りは、そう思っておいていい。 — パワハラ …

no image

パワハラに負けないための、心理護身術。

パワハラ被害者に知ってほしい心理技術の1つが、自分の心を守る技術。傷をゼロにすることはできなくても、傷つきにくくすることはできる。そして、傷の回復を早めることもできる。 — 三國雅洋:パワ …

no image

パワハラに遭っているときこそ、「自分への思いやり」を持つようにしよう。

パワハラに遭っているときこそ、自分に対して思いやりを持ってほしいです。自分に厳しくする必要はありません。 パワハラに遭っていれば、誰でもミスはします。ミスは仕方がないことです。 — 三國雅洋:パワハラ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。