パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

日々パワハラを受けているときは、休暇は意図的にリラックスをすることが解決策につながる。

投稿日:

パワハラを日々受けているときは、休日はリラックスを心掛けましょう。

「闘争・逃走モード」と呼ばれる緊張状態では、解決策はなかなか思いつけません。

よい解決策は、「中止・計画モード」と呼ばれるリラックス状態で思いつきます。

パワハラを受けていると、緊張状態が「普通」となってしまっていることがあります。

だからこそ、意識してリラックス状態を作り上げることが大切となるのです。

リラックスするのに、もっとも簡単な方法は「深呼吸」です。

マインドフルネスや、好きな音楽を掛けることなども、もちろん効果があります。

しかし、いつでも誰でもできることで、効果的なものが「深呼吸」なのです。

1分間に4~6回ほどの呼吸にすると、脳がリラックスモードになることが心理学的にわかっています。

1分間に4~6回と言えば、一呼吸が10秒~15秒です。つまり、5秒吸って、5秒吐くような呼吸です。

この呼吸を心掛けて、リラックス状態を作りましょう。

そして、ただぼーっとする時間を取るとよいです。

ぼーっとしているとき、脳のデフォルト・モード・ネットワークと言うものが働いていると言われます。

このときにひらめきが生まれるとも言われます。

しかし、ネガティブな考え方が次々と浮かんでくるときには、ぼーっとすることはお勧めできません。

このときは、自分が観ていること、聞いていること、感じていることなどに意識を向けるマインドフルネスをすることで、デフォルト・モード・ネットワークを抑えるほうがよいとされます。

つまり、リラックス状態になってポジティブな考えが浮かぶなら、ぼーっとする時間を取りましょう。

一方で、ネガティブな考えが浮かんでくるなら、「今ここ」に意識を向けるようにするのです。

いずれにしてもリラックス状態を作ることは、自分の心身を守るためには重要なことです。

休日はしっかりとリラックスする時間を取って、心身の回復を心掛けましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身 …

no image

パワハラに仕返しする方法

パワハラは、エスカレートします。 耐えるだけでは改善しません。   ただ耐えるだけでは、 会社に行きたくないという思いから始まり、 睡眠障害が出て、 朝起きたときに吐き気、胃痛などが出て、 …

「いい人」をやめずに、パワハラ職場を脱出する方法(1)

「いい人」であればあるほど、   パワハラから抜け出すのが難しくなります。   そうすると、「いい人」をやめようという主張がなされます。 しかし、そんなに簡単に 「いい人」をやめら …

長時間労働と、パワハラはほぼ同時に存在している。

長時間労働がある会社では、 ほぼ間違いなくパワハラがあります。   長時間労働が当たり前のテレビ業界では、 パワハラが当然だとされるようなものです。   【1】長時間労働が、パワハ …

no image

【パワハラ・職場での嫌がらせ解決01】 本当に仲良くなりたい?

 パワハラや職場での嫌がらせを解決したいときに、    最初にしてほしいことは、目標設定です。        どんな状態を望んでいるのを明確にすることで、   …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2018年5月
« 4月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。