パワハラ加害者に下げられた自己肯定感は、解決に向けた行動によって取り戻せる。

パワハラ加害者は、あなたに「呪い」を掛けます。

あなたの自己肯定感を下げる呪いです。加害者はあなたが無能であり、存在価値がない人間であるかのように思い込ませようとします。自己肯定感や自己効力感が下げられるのです。

奪われた自己肯定感や自己効力感を取り戻すのに、役立つ心理的手法はいろいろとあります。

その中でも最も効果的なものが「解決に向けた行動を取ること」です。

【1】加害行為は、加害者にとって「娯楽」

加害者にとって、パワハラ加害行為は娯楽の1つです。

心理学や脳科学では「シャーデンフロイデ」と呼びます。

下記の書籍がとても分かりやすいです。

https://amzn.to/2wMZgp6

【2】娯楽によって自己肯定感、自己効力感が下げられる

加害者にとっては単なる「娯楽」ですが、被害者にとっては「事件」です。

他者からの悪意・害意に晒され続ければ、誰でも自己肯定感・自己効力感は下がります。自分の存在価値を信じきれなくなり、自分の能力の高さも信じきれなくなります。

周囲の人は「気にしなければいい」と言いますが、気にせずにいることは不可能です。人間は周囲の目を意識してしまう生き物だからです。

【3】気にしないことは無理だが、受け入れないことはできる

他者から自分に向けられた悪意・害意を無視することは、人間の性質上、できません。

しかし、それを受け入れないことはできます。

パワハラ加害者の言動に対して、「またバカが何か言ってるな」と思うことはできます。

加害者の言動に傷つくことは仕方ありませんが、それを真に受けなくてもよいのです。

加害者は所詮、他人を攻撃することに愉しみを見出すような、低レベルな人間です。

あなたを評価することなどできませんし、その人たちがあなたに向けた言葉もゴミ同然です。

【4】「解決に向けた行動」が、回復につながる

下げられた自己肯定感・自己効力感を取り戻すために、もっとも効果的なものが「解決に向けた行動」です。

行動によりも優れた自己肯定法はありません。

解決に向けた行動を取ることで、「パワハラなんかに私は負けない」という強いメッセージを自分に伝えることができます。「私はパワハラに屈する人間ではない」という強い自己肯定になるのです。

解決に向けた行動は、どれだけ小さいものでもかまいません。

何をすればよいのかが分からないときは、まず証拠集めから行うのがよいでしょう。被害メモを取り続け、録音や録画を行うのです。

そのような小さな行動を行えば行うほど、自己肯定感・自己効力感は高まっていきます。自信を取り戻すことができるようになっていくのです。

最初から大きな行動を行わなくてもよいのです。あなたが「試してみたい」と思う行動をとっていけば、自然と大きな行動がとれるようになっていきます。

解決に向けての行動を取り続けましょう。そして、パワハラ加害者からの呪いから解放され、本来のあなたを取り戻しましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。