パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

自己肯定感を高めるのに、他人の評価は不要

投稿日:2016年7月15日 更新日:

 パワハラや職場で嫌がらせを受けると、

 

 どうしても自己肯定感や自己効力感は下がりがちです。

 

 

 

 では、それらは、

 

 どうすれば回復できるのでしょうか。

 

 

 

 ここには、大切なポイントが1つあります。

 

 

 

 自己肯定感を高めるのに、

 

 他人から褒められる必要はない、

 

 ということです。

 

 

 

 むしろ、他人の評価を求めることは、

 

 自己肯定感を下げてしまいます。

 

 

 

 自己肯定感とは、自己評価です。

 

 自分で自分のことをどう評価するか、です。

 

 

 

 そして、

 

 評価基準は、目的から生まれます。

 

 

 

 北極をゴールにしている人と、

 

 南極をゴールにしている人では、

 

 進んでいる方角の評価は、180度変わります。

 

 

 

 ですから、

 

 あなたが進みたい方角に進んでいるかどうかが、

 

 あなたの自己肯定感を高めるためには大切なことなのです。

 

 

 

 他人があなたをどう評価するかというのは、

 

 あなたが自分をどのように評価するかとは、

 

 無関係です。

 

 

 

 もちろん、

 

 他人から評価されることを目的としているなら、

 

 自己肯定感はグラグラゆらぐでしょう。

 

 

 

 でもなぜ他人から評価されたいのでしょうか。

 

 結局は、自己肯定感を高めたいからではないでしょうか。

 

 でしたら、それは方法論として間違っています。

 

 

 

 自己肯定感は自己評価です。

 

 本来の自分は、もっと素晴らしい人間なんだと

 

 常に高く評価しつづけるだけで、

 

 自己肯定感は高まるのです。

 

 

 

 自分の目的に照らし合わせて、

 

 ゴール達成した自分こそを

 

「自分らしい」と評価する習慣を

 

 ぜひつけてください。

 

 

 

 ゴール達成に向けて、

 

 何も行動していないあなたは、「あなたらしくない」ですし、

 

 行動を起こしているあなたは「あなたらしい」のです。

 

 

 

 そして、

 

 行動がうまく行くのが「あなたらしい」のであり、

 

 うまく行かないのは「あなたらしくない」のです。

 

 

 

 このように、

 

 ゴール側の自分こそが自分らしいのだと、

 

 高く評価し続けることが、自己評価を高めるということです。

 

 

 

 もちろん、

 

 自分を高く評価し続けるのは

 

 簡単なことではありませんが、

 

 取り組む価値は十分にあります。

 

 

 

 自分で、自分を評価する習慣をつけて、

 

 他人の評価から、

 

 ぜひあなた自身を守ってくださいね。

 

 

 

 パワハラから自分を守る方法については、

 

 メルマガで詳しくご説明していますので、

 

 もしよろしければ下のリンクをクリックして、

 

 ご登録ください。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


  1. 朝の味噌汁 より:

    三國さん、ありがとうございます。気持ちの持ち方も取るべき行動も、試行錯誤の中、日々参考にさせていただいております。
    休職も長くなってきて、自分が社会に取り残されて、不安定に感じることが多くなってきたので、自己評価する習慣について知り、いい勇気づけになりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラ加害者と、仲良くなることは諦める。

仲がよかった人から、パワハラを受け始めることは、頻繁にあります。   急に態度が変わって、あなたには身に覚えがない。 しかし、どんどん嫌がらせがエスカレートしていく。 このようなことは、”と …

no image

職場いじめへの対処法のリスト

職場いじめを解決するためには、 「今、できることを全部実行すること」が必須です。   全部同時に実行していくので、 解決策の数が多ければ多いほど、 解決が早くなることは当然ですね。 &nbs …

パワハラ被害者のための「職場のドリームキラー」対処法

会社には「ドリームキラー」がいます。 「ドリームキラー」は、コーチング用語で「あなたのセルフイメージを下げようとする人」のことです。 パワハラ加害者も、「ドリームキラー」です。 この「ドリームキラー」 …

no image

パワハラ被害者こそ、エフィカシーを上げる技術が必要となる。

コーチング用語に、「エフィカシー」というものがあります。 これは、「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されます。   このエフィカシーをいかに上げるかが、パワハラから脱出できるかどうかの …

no image

パワハラがある会社に、残ってあげる必要はない。

パワハラを受けた人へのサポートは絶対に必要。 しかし、本当にするべきは、その職場の環境改善。 被害者を生み出す職場を改善しないと、次の被害者が生まれるだけ。 — 三國雅洋:パワハラ解決コンサルタント …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。