TOCfEのアンビシャス・ターゲット・ツリーの作り方

困難な状況において、TOCfE(教育のためのTOC)の「アンビシャス・ターゲット・ツリー」はとても役立ちます。

今回の記事では、『考える力をつける3つの道具』を参考に、その書き方をお伝えします。

https://amzn.to/2Ri5kOo

手順は次のとおりです。

(手順1) 目標を書く
(手順2) 目標の達成を阻む障害を考える
(手順3) 挙げられた障害の数々を使って、中間目標を考える
(手順4) 中間目標達成のための行動を考える
(手順5) 中間目標達成の順序を考える

『考える力をつける3つの道具』

スポンサードサーチ

【1】目標を考える

まずは目標を考えます。

この時点ではゴールの達成方法は分かる必要はありません。

自分が本当に達成したい目標を掲げましょう。

私はパワハラ被害者のサポートを専門としているので、ご相談者がよくおっしゃるゴールにします。平常状態にいる人にとっては「3ヶ月以内に転職をする」というのは簡単そうに見えるかもしれませんが、パワハラに遭っている状態ではなかなかそうは思えないものです。

【2】障害を考える

目標を設定したら、次は目標達成を阻む障害を考えます。

目標達成ができない理由を考えて、すべて書き出しましょう。

【3】中間目標を考える

障害をすべて書き出したら、次はその障害を使って中間目標を考えます。

「35以上だから、転職は難しい」という障害があるなら、「35以上の求人を見つける」という中間目標を作ります。障害から目標を導き出すのです。

【4】行動を考える

中間目標を書き出したら、次はそれらの中間目標を達成するための行動を考えます。

「35歳以上の求人を見つける」という中間目標に対して、「ハローワークで登録する」などの行動を書き出していきます。先にあげた書籍では、中間目標に対応する行動は1つだけ書かれています。しかし、私は中間目標達成のためにできる行動は、すべて書き出すことをお勧めします。

【5】行動の順序を考える

最後に中間目標と行動の順序を考えます。

並行して行動できるものは、並行して行うほうがよいでしょう。

今回の例でも、すべて並行して行うようになりました。

資格を得てから就職活動をするとなると、まず3ヶ月では足りなくなります。就職活動をしながら、どのような資格や技能が就職価値が高いのかを調べるほうが、効率的でもあるでしょう。

【6】アンビシャス・ターゲット・ツリーを使おう

今回は簡単な事例を取り上げましたが、もっともっと大きなゴールを目指すのにも役立ちます。

何からすればよいのか分からなくて、身動きが取れないときに役立つツールです。

ぜひ活用なさってください。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。