パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、気付くこと

投稿日:2017年1月13日 更新日:

パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、気付くことです。

あなたが受けていることが、パワハラ・職場モラハラだと気づくこと。

パワハラ・職場モラハラは、言葉としては社会的に広まってきました。

しかし、自分が被害を受けたとき、それがパワハラ・職場モラハラであると気付きません。

自分に非があると思ってしまいます。

加害者があなたに非があるように、仕向けて攻撃をするからです。

【1】パワハラ・職場モラハラは、小さなことから始まる

パワハラ・職場モラハラは、小さな攻撃の積み重ねです。

小さな攻撃を積み重ねることで、大きな攻撃を形作っています。

ですから、その1つ1つの行動はとても小さなものです。

被害者としては、嫌な気持ちにはなります。

しかし、「気にするほどのではない」と思ってしまうものなのです。

【2】被害を受けていることに気づかない

1つ1つの攻撃は小さなものですから、被害者は、被害を受けていることに気づきません。

むしろ、加害者に対して「自分が何かしてしまったのだろうか」と、考えてしまいます。

加害者が、あなたを傷つけようとしているとは、夢にも思いません。

あなたにとって相手の人は、ただただ嫌な人です。

まさかあなたを攻撃しようとしているとは思わないのです。

【3】ダブルバインドであなたを追い込む

加害者はあなたを二律背反に追い込みます。

指示を仰げば「自分の頭で考えて下さい」と言われます。自分で考えて動けば「自分一人で勝手に動かないでください」と言われます。

自分で考えて、行動する前に相談に行けば「今、忙しいのがわかりませんか?」と言われます。

何をやっても、加害者はあなたを批判、非難するのです。

あなたはどんどん身動きが取れなります。

【4】相談しても理解してもらえない

上記のことを、友人、家族に相談しても、普通は理解してもらえません。

むしろ、あなたに責任があるかのように言われます。

ハラスメント相談室の相談員でさえも、あなたにも責任があるという場合があります。

そうするとまた、自分が悪いのではないかと思い込んでしまうのです。

【5】あなたにも責任はあるかもしれないが・・・

あなたに責任がゼロだとは言い切れません。

すべての出来事は、複数人の人々の言動の組み合わせです。

ですから、その意味で、あなたにも何かしらの責任があるのでしょう。

もし、そのような部分があるのであれば、自己改善したほうがよいかもしれません。

しかし、それ以外の部分については、完全に相手の責任だと思えばよいのです。

つまり、あなたは被害者であり、相手は加害者であると気づいてほしいのです。

あなたが加害行為をしていないのに、相手が加害行為をしてきているなら、相手は純粋な加害者です。

ですから、あなたは被害者であると言ってよいのです。

まずは、自分が被害者ではないかどうか、確認してみてください。

それで被害者だと気づいたら、すぐに行動を起こしましょう。

気付いたときにすぐ行動を起こすことが、ハラスメント対策には、一番重要なことですから。

 

【実践編】

1 『明るい職場応援団』で、パワハラに該当するかどうかをチェックしましょう。

 

2 パワハラに該当すると分かったら、さっそく対策を考えましょう。

もしよろしければ、下記のステップメールをご利用ください。

情報を体系的にまとめています。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「職場の病気」としてのパワハラ

世の中には、常に誰かがパワハラに遭っている職場があります。 もしあなたが被害に遭う前に、誰かが同じような被害に遭っていたなら、パワハラは「職場の病気」の可能性があります。 パワハラを生み出す職場となっ …

no image

パワハラで会社を辞めたいと思うのは、「甘え」なのか。

パワハラを受けて、 辞めたいと思うことは当然です。 そして、それは甘えではありません。   むしろ、「辞めたい」と思いながらも、 何も行動を起こさない方が、 現状に甘えているのではないのでし …

no image

パワハラから脱出するために、バリュー・プロポジションを確認する。

バリュー・プロポジションという概念があります。 これは、次の3つを満たす価値のことです。 自社が提供できる価値 顧客が望んでいる価値 競合他社が提供できない価値 つまりは、自社だけが顧客に提供できる価 …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

パワハラに負けないためには、被害メモとICレコーダーの録音が必要。

パワハラ被害に遭っているとき、必ず集めてほしい証拠が2種類あります。 被害メモ ボイスレコーダー この2つです。   torbakhopper via Compfight 【1】被害メモが必 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。