パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

空気を読まないから、自己開示になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

KYは卒業! 空気が読めない人になる原因と変わり方
【相談者:30代男性】 私は、よく空気が読めないといわれます。そのせいか、婚活していても必ず別れがや……….≪続きを読む≫

【理論編】

 自己開示と空気を読むことが、同じ方向性だという記事です。

 私の意見は、反対です。

 空気を読むことと、自己開示をすることは真逆のことです。

 自己開示というのは、自分のことについて話すことですが、

 それはその場において、普通ではないことを、話すということです。

 

 あなたが教師で、教師の集まりで、教育方法について語るのは普通のことです。

 それは、確かにあなたについて語っていますが、自己開示と呼べるものではありません。

 その場の空気に従ったことを言っただけです。

 しかし、あなたが、

 初めて会った人に、教育方法について語ったら、それが自己開示にあたります。

 それはその場の空気から外れたことであり、

 そうであるからこそ、あなたについて語ることになるからです。

 あなたが何を大切に思っているかが、伝わるからです。

 私の知り合いに、初対面で、英語教育について熱く語ってくれた人がいます。

 私が求めてもいないのに、語ってくれました。

 

 人とのコミュニケーションでは、自己開示は大切です。

 自己開示の量が、その人との関係性を作るのも確かです。

 ですが、それは、空気を読んでいてはできないことでもあるのです。

 

 空気を読もうとするのではなくて、

 自分を出すことを優先してみましょう。

 こういう小さな挑戦が、自分の自信に繋がり、

 過去の呪縛から逃れるきっかけとなるのです。

 

 自分を出すより、空気を読むほうが100倍簡単で、楽なことです。

 そんな方向に流されないでくださいね。

 【実践編】

1 空気に縛られてしまう状況をイメージしてください。

2 イメージトレーニングで、どうやったらその空気から逃れられるかを練習しましょう。
  私のオススメは、(1)身体を動かす。(2)質問をする。です。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、メルマガ登録をしていただいた方限定で、

5万円相当の特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』

を贈呈中。

この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分らしさを決めつけない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

詐欺グループ、実は「社畜」だった! タイムカードで出勤管理、ノルマ達成ボーナスもブラックな労働環境にもかかわらず、自ら会社の都合よく働き続けるサラリーマンは、時に「社畜」と呼ばれて…&#8 …

no image

自己卑下は美徳ではない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

Facebookで、少し前にも書いたのですが、 自己卑下は美徳ではありません。 自己卑下を求めてくるのは、 あなたに変わって欲しくない人だけです。 つまり、「私の思う、あなたでいてほしい」という人だけ …

no image

他人を変えようとするのは、遠回り。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

パワハラ自殺で和解へ=職員遺族に9600万円-岐阜県 岐阜県職員の30代男性が自殺したのは上司のパワハラが原因だとして、遺族が県に約1億1000万円の損……….≪続 …

no image

マイナスの出来事を、プラスに変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

パート職員が6000万円着服=顧客の定期預金など-千葉興業銀 千葉興業銀行(千葉市)は20日、検見川支店の渉外担当だった女性パート職員(52)が、顧客4人の預金……&#8230 …

no image

解釈から、自己イメージを推測する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

びっくりするほど靴紐がほどける… 「自分ってダメ人間だな」と思う瞬間 みんなはちゃんとできているのに、なぜか自分だけいつも同じ失敗をしてしまう。その失敗が小さくて地味な……&# …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。