パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

不要なケンカを防ぐ文章術【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

人間関係にヒビが入ることも!メールコミュニケーションでミスを防ぐ
言ったことが相手に伝わっていなかったり、言い間違いや聞き間違いがあったり…仕事の場でこうしたミスコミ……….≪続きを読む≫

最近、トリケラトプスにはまっている我が子3歳ですが、

寝ているときの髪型が、

まるでトリケラトプスのように、尖っています。

【理論編】

西條剛央博士は、「人間の本質」として、

「人間は誰でも肯定されることを願っている」と

主張されています。

西條剛央博士は、ただの学者ではなく実践する学者。

日本最大級のボランティア組織を立ち上げ、運営されています。

ボランティアには上下関係がなく、命令権がないですから、

組織運営をするにあたっては、上質なコミュニケーションが欠かせません。

そこで、西條博士は、特にインターネット上でのやり取りにおいて、

「人間の原理」に則り、最初に相手を肯定することを、

コミュニケーションのルールに盛り込んでいるそうです。

私は、これはポジティブ・ファーストと名づけて、

普段のコミュニケーションにも利用しています。

これは、最初の第一声は、必ずポジティブなものにする、という原則です。

反対意見を言う場合でも、

「それは違うと思います。○○というのは・・・」と言うのと、

「なるほど。勉強になります。私の考えでは○○というのは・・・」と言うのでは、

同じことを言っていて、そして反論していることは同じです。

しかし、受け止める側の印象が全く違います。

無駄なケンカ、勘違いを防ぐのに役立つ技術ですので、

よかったら使ってください。

【実践編】

1 あなたが苦手な人の、第一声に注目してください。ほぼ、すべてネガティブなはずです。

2 あなたが安心して話せる人の、第一声に注目してください。
  ポジティブな割合が多いはずです。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。


現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

危機に陥ったときは、どうすればいい?

パリで同時多発テロがありました。 このようなときに役立つ心理学があります。 クライシスサイコロジーと呼ばれる分野です。 私達は、危機には「闘争か逃走か」と呼ばれる心理状態に陥ります。 これは、簡単に言 …

no image

弱いものいじめを止める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

職員「同性愛は異常」とツイート=沖縄中傷も、処分検討-岐阜県 岐阜県技術検査課の30代男性主任が、ツイッターに「同性愛は異常」などと投稿していたことが2日、分か……&#8230 …

no image

常に少数派に徹する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験者の強みは、少数派であることです。 少数派に立ったことのない人に、個性などありません。 しかし、少数派であることは恐怖を感じることであり、 つい、多数派に回ってしまいそうになり …

no image

攻撃してくる人は、ビビっている。

 「闘争・逃走モード」と呼ばれる脳が状態があります。    攻撃してくる人は、この状態になっています。    では、どんなときにこの「闘争・逃走モード」になるのでしょうか?     …

no image

自己卑下は美徳ではない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

Facebookで、少し前にも書いたのですが、 自己卑下は美徳ではありません。 自己卑下を求めてくるのは、 あなたに変わって欲しくない人だけです。 つまり、「私の思う、あなたでいてほしい」という人だけ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。