パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

ドリームキラーは、あなたが作る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

派手なクリスマス装飾は「近所迷惑」、米フロリダ州で物議
[プランテーション(米フロリダ州) 19日 ロイター] – 米南部フロリダ州プランテーションで、住民……….≪続きを読む≫

尊敬する先輩コーチ、小松範之コーチが、

ライフスキルが身につくスクールを作りました。

https://readyfor.jp/projects/manaport

詳細はこちら、よろしければぜひご覧下さい。

【理論編】

 派手なクリスマスの装飾が近所迷惑で、

 訴訟が起きているというニュース記事でした。

 ゴールと判断基準の関係について、

 ちょうどよいと思ったので取り上げました。

 過去のネガティブ体験をプラスに変えるには、

 未来を変えるしかありません。

 未来がハッピーであれば、

 過去の出来事も「1つの学び」として、

 自然と捉えるようになります。

 そこで、どのようなハッピーになりたいのかを明確にするのが、ゴール設定です。

 このゴールから、物事の判断基準が生まれます。
 
 自分の才能を活かして、他の人々を幸せにするというゴール達成のために、

 ニュース記事の人は、自宅に派手なクリスマス装飾をしました。

 これは、その人にとっては、よいことです。

 よいことをしているのだという、確信があるはずです。

 

 しかし、近所の人はそのゴールを共有していません。

 共有しない人にとって、クリスマス装飾は近所迷惑だと言われても当然のことです。

 平穏な日常生活を過ごしたい、自分のゴールのために日常生活を使いたいと思うのは、

 当然のことです。

 
 あなたのゴールを邪魔する人のことを、ドリームキラーと言いますが、

 それは、あなたのゴールから見た視点であることも、忘れてはいけません。

 あなたのゴールからすれば、相手はドリームキラーかもしれませんが、

 相手の視点から見たら、あなたもほぼ間違いなくドリームキラーになっているのです。

 

 だから、お互い様です。

 あなたも正しいし、相手も正しいのです。

 誰でも自分の世界観の中では、正しいことをしています。

 だから、相手も認めてあげましょう。

【実践編】

1 ドリームキラーに見えた人を、1人挙げてみましょう。

2 その人のゴールは何でしょうか。
  ちなみに、一番多いゴールは、現状維持です。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ふと手にとった本に答えが書いてある心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 人間の脳は、必要なことしかしません。必要でないものは、認識しません。 その結果、ほぼすべての情報を、脳はシャットアウトしています。たとえば、意識しないかぎり、鼻の頭は意識に上がりません。職 …

no image

カウンセリングでは、いじめ・嫌がらせ体験の心の傷が、消えない理由。

先に述べておくと、私はカウンセリング肯定派です。 いじめ・嫌がらせ被害の体験者は、カウンセリングを受けた方がよいと思っています。 リンチに遭った人を、医者に見せない人はいません。 いじめ・嫌がらせはリ …

no image

いじめ・嫌がらせ被害体験は、プラスの力に変えることができる。

「いじめられた側は、忘れることができません!」 あなたも、このような 怒り、悲しみをお持ちなのではないでしょうか。 このような気持ちを持つことは、自然なことです。 しかし、それに囚われたくないと、お思 …

no image

周りの自己肯定感を高めてあげる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ちょいおブスでもOK? 男子が外見より重視してる「彼女選びの条件」4選顔がかわいい女の子は好き。美人には憧れる。でも大切なのは顔じゃない? 美人は三日で飽きるとも言います……& …

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。