パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

解決策を思いつく、シンプルな方法【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

1度着てまだ洗わない服で、部屋がゴチャゴチャ…オシャレのプロはどうしてる?
 オフィスで着るジャケットやスカートにパンツ、プライベートで穿くジーンズなど、1回着ただけでは洗……….≪続きを読む≫

【理論編】

 ジャケットなど、すぐには洗わない服を、プロはどうしているか?
 
 こういう記事が、意外と、人間の認識を知るのに役立ちます。

 7割の人の回答は、「出したまま」だそうです。

 洗わないし、すぐに着るのだから、ですね。

 そして、キレイな服と一緒にしまいたくもない。

 

 ここで、プロは、”『一度来た専用のハンガーラック』に掛ける”そうです。

 これ、言われたらそうだけど、なかなか思いつかないのではないかと思います。

 

 でも、どうして、こんなシンプルな解決策を思いつかないのでしょうか。

 

 それは、脳の仕組みにあります。

 脳は、とても手抜き器官です。

 必要とならない限りは、動こうとはしません。

 だから、今までどおりでよいのなら、

 新しいアイデアも作ろうとはしないのです。

 困ってないなら、解決策もいらない。

 だから、解決策を探そうともしないわけです。
 

 では、どうやったら、アイデアが思いつくかと言えば、ゴールを作ること。

 現在地と目的地の間に、大きなギャップを作ることです。

 意図的に、問題を作り出すことです。

 もちろん、意図的に作り出した問題は、本人にとっての重要性は低い。

 ですから、その解決に実際に動き出すことで、

 脳に、これが重要な問題であるということを、教えてあげます。

 そうすると、脳が、解決策を考え出すようになります。

 

 言い換えれば、方法は後から見えてくるものなんです。

 だから、方法がないと諦めるのではなく、

 まずはゴールを設定しましょう。

 ゴールが、方法を生み出すのです。 

【実践編】

1 どのような分野でもよいので、仮にゴールを作りましょう。

2 ゴール実現に向けて動き出してください。

3 ゴール実現に動き出すことで、初めて出てきたアイデアを書き留めましょう。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。

この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

関連記事


ゴール側への現状の外へと、常に自分を動かす。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自信過剰になるという心配は不要。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

失恋して自信喪失……自分に自信を取り戻す方法4選        失恋するだけでもつらいのに、それが彼からフラれたとなると女性としての自信をな …

no image

どこまで共有したいかがカギ【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

メールのしすぎはダメ! あなたが男性から「重い女」と思われてしまう原因3つ女性は良かれと思ってやっていても、男性からすると「重い……」と思われてしまう行動があります。いろんな…&#8230 …

no image

許容損失を決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コンプラ担当社員 従業員のSNS書き込みに頭抱える ネットが普及するにつれ、企業も炎上騒動に巻き込まれることが増えてきたが、昨今問題になっているのが社……….≪続き …

no image

【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【いるいる】飲み会で「黙って帰る人」の共通点を発見!@iStock/TAGSTOCK1 これから年末に向け、飲み会に参加する機会も増えてくるだろう。宴……….≪続き …

no image

世間の目から逃れる簡単な方法。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「褒めてくれる元カレ」「叱ってくれる元カレ」長く関係を続けてもいいのはどっち?連絡をとった方がいい元カレと断つべき元カレ 大好きだった彼氏との交際を終えて、5年や10年。いわゆ…&#823 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。