パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

いじめの被害体験の影響を、少なくする簡単なコツとは?

投稿日:2015年11月16日 更新日:

いじめ・嫌がらせ被害で、前に進めない人は大勢いらっしゃいます。

「いじめを受けたときの傷は、絶対に忘れられません!」とおっしゃる人もいます。

もちろん、それがプラスの力になっているなら、よいのです。

ただ、それが自分の中で

ネガティブなエネルギーになっているなら、ちょっと残念です。

そう言う人にこそ、やってほしいことがあります。

「ゴール設定」です。

ただし、ゴールには2つの条件があります。

1 達成したいと思えることであること。

2 「自分らしさ」を変えないと、達成できないものであること。

シンプルすぎて信じてもらえないのですが、ゴール設定は効きます。

適切なゴールを設定すれば、自然と心の傷の影響力は減ってきます。

なぜかといえば、心の傷の影響がゴール達成に邪魔になるからです。

適切なゴール設定をし、そのゴール達成のために本気で動き始めると、

自分の中での物事の重要度が変わっていきます。

ゴールに役だつものに意識が向いて、

そうでないものは意識に昇らなくなります。

もっと簡単に言うと、気にならなくなります。

私は、中学2年生のとき1年間にわたって、嫌がらせを受け続けました。

しかし、今ではまったく思い出すことがありません。

こういうブログを書くときに、あなたの仲間だということをわかってもらうために、

意図的に思い出す時ぐらいです。

思い出しても、特に何も思いません。

私にとって、その経験はゴール達成のための道具の1つでしかないわけです。

このような感覚に、自然となります。

それではカウンセリングと同じではないか、とお思いかもしれません。

ただ、カウンセリングとは大きく異なるところがあります。

それについては、また次回にでも書くようにしますね。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

常に少数派に徹する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験者の強みは、少数派であることです。 少数派に立ったことのない人に、個性などありません。 しかし、少数派であることは恐怖を感じることであり、 つい、多数派に回ってしまいそうになり …

no image

挑戦するときに、許容損失を定める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

要チェック! 片思い女子がアプローチのために準備するべきこと7つみなさんは、好きな相手にアプローチをするときに、どのような準備をしますか? いきなり好きな人に単刀直……&#82 …

no image

許容損失を決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コンプラ担当社員 従業員のSNS書き込みに頭抱える ネットが普及するにつれ、企業も炎上騒動に巻き込まれることが増えてきたが、昨今問題になっているのが社……….≪続き …

no image

どんどんジレンマを作っていく。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

実際に変わり始めると、必ずジレンマが生じます。 ですから、どれくらい早くジレンマに陥れるかが、大切です。 次の記事も、ジレンマが出てきたことを示す記事です。 ですから、よい兆候です。河野太郎氏 霞が関 …

no image

資格よりも経験が強い。

4歳の我が子に、 「起きて~」と、 指で目を開けられます。 めちゃくちゃ痛いです。 【理論編】  コーチングや、同級生の話を聞いていると、 「資格を持っていないので、転職できません。」という、  話を …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。