パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

心が少し強くなる方法【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:2015年12月25日 更新日:

機動隊長を注意処分=隊員2人相次ぎ自殺-兵庫県警
 兵庫県警の機動隊員2人が9、10月に相次いで自殺した問題で、県警が機動隊長の男性警視(55)を本部……….≪続きを読む≫

 

クリスマスだというのに、

ちょっと重い話題を取り上げてしまいました。

でも、私が本来、取り上げたい話題なので、書いておきます。

 

【理論編】

私が、いじめ・嫌がらせ問題にかかわるのは、

放っておけば命に係わる緊急事態なのに、

基本的な対応を、未だに間違える人が多いからです。

兵庫県警の機動隊員の方が自殺した背景に、

どのような複雑な背景があるのかはわかりません。

 

しかし、自殺は100%、心の傷が原因です。

自己肯定感がゼロ以下になってしまったときに、起きます。

 

ですから、私がものすごく大切にしているのは、自己肯定感の守りかたです。

そして、自己肯定感を高めるのに、

セルフトークのコントロールほど役立つものはないと思っています。

これは、心の中の声(セルフトーク)を、自己肯定的なものに変えることです。

 

たとえば、会社で「お前はバカか。しっかりしろ。」と言われたとします。

心が傷ついているときは、「もう辞めたい。けれど、辞めらない。」と、

自己イメージを低くしてしまいがちです。

 

しかし、ここで「私が辞めたら困るのは、私ではなく会社だ。」と思えば、

自己イメージを保ち続けることができます。

 

ちょっと言葉を変えるだけです。

もちろん、ただ言葉を変えるだけではなくて、

そこから生じるイメージ、感情も一緒に変えていくのですが、

最初は言葉を変えるだけでも、大きく変わります。

 

クリスマスでさみしい人もいるのでしょうが、

「みんな、私を一人にするなんて、見る目ないな」と思って過ごすぐらいが、

心を守るのにはちょうどよいですよ。

【実践編】

1 高いゴールを設定してください。

例:世界中を幸せにするサンタになる。
2 高いゴールを達成したとして、もしくはするべき人間として、

そのネガティブな感情に負けるのは、あなたらしくないと自分に言い聞かせてください。

例:最近は出番が少なくてさみしいが、ここでとどまっているのは私らしくない。

Youtubeでサンタによるクリスマス特別番組を作って、世界を幸せにしよう!

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

快適領域が、あなたを縛り付ける。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

どうしてなの?ふられた彼氏に「こだわってしまう」3つの心理はじまりがあれば、そこには終わりがあるもの。 恋愛の場合、終わりがハッピーエンドの場合もあれば、残念……… …

no image

攻撃してくる人は、ビビっている。

 「闘争・逃走モード」と呼ばれる脳が状態があります。    攻撃してくる人は、この状態になっています。    では、どんなときにこの「闘争・逃走モード」になるのでしょうか?     …

no image

ゴール側への現状の外へと、常に自分を動かす。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 常に、ゴールに向かって、現状の外に踏み出していく。 これができれば、過去なんて関係ありません。 そして、そのときに役立つ考え方が、許容損失です。 許容損失については、参考記事をぜひ読んでく …

no image

五郎丸選手が、メディアに出る理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

五郎丸歩、広報活動は「自分の役目」 「色んな選手にスポットを」と呼びかけも ラグビー日本代表でヤマハ発動機ジュビロ所属の五郎丸歩選手が『アサヒビール株式会社』とパートナーシッ…&#8230 …

no image

相手をしっかりと見定める心理学的な方法【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

男子はよく見てる! 好感度がガクンと下がる女子のお財布 特徴3つ男性って、女性が思うよりもずっと行動や持ち物をチェックしているものです。「えっ! そんなことまで見て……&#82 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。