パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

「辞めてやる!」と同時に、あなたが始めるべき2つのこと。【トラウマを克服して、強みに変える】

投稿日:

我が子3歳と、

同じ遊びをしようとするのは、

私にはキツイです。

(コーチなので、無理とは言わない。)

【理論編】

「辞めてやる!」と思ったこと、ありますよね。

 私も、何度もありました。

 でも、なかなか辞められませんでした。

 もちろん、さまざまな理由があったのですが、

 私の座右の銘は「無理はしない」ですので、

 なおさらです。

 

 辞めてやると思ったときに、すべきことは2つです。

 1 退職届を書くこと。

 2 「退職後の自分」の思考回路で、判断を始めること。

 

 退職届を書くことで、退職に対するリアリティが増します。

 逆に言えば、「辞めてやる!」と言っているだけでは、

 退職後についてのリアリティは出てきません。
 
 今、自分ができる範囲内でよいので、実行することが大切なのです。

 たとえば、「辞めてやる!」と言っているだけなら、周りは同情するだけでしょう。

 しかし、退職届を書いたら、周りは心配しはじめます。

 リアリティが伝わるからです。

「退職後の自分」の思考回路で判断することも、

 やはり退職後の自分に対するリアリティを上げることが主目的です。

 会社勤めをしながらも、自分の思考回路はすでに転職・独立後の自分になるのです。

 今まで通りの思考回路のままでは、退職はできません。

 間違いなく、現状の戻そうとする思考回路が働くからです。

 耐えられなくなるか、もしくは頭の中を変えないと、現実は変わりません。

 

 コーチングをしている中で、一番大変なのは、そこです。

 現状に戻ろうとする思考を、いかにゴール側に向けさせるかです。

 

 決めるというのは、思考の起点を変えること。

 辞めると決めたら、辞めたものとして考えることが、

 決めるということです。

【実践編】

1 退職したいなら、退職届を書きましょう。

2 退職が決定したものとして、すべてを判断しましょう。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

愚痴を言わない簡単な方法【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

「愚痴を言わない人」になる方法とは?生きていると色々と面白くない問題が次々に出てきて、ともすればそれを誰かに愚痴りたくなってしまうもので……….≪続きを読む≫ [ア …

no image

ちゃんと、不安に身体は反応する。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

「運がいい人」の共通点とは? 2016年をハッピーに過ごしたい人におくるヒント宝くじにおみくじなど、運だめしをしたくなる機会が増える年末年始。もしも、10億円当たったら!? きっ…&#82 …

no image

あるうつ病のクライアントの変化

最初に断わっておきますが、私達コーチは、クライアントの話を外部に漏らすことはありません。 これからお話しすることすべては、事前に公開することを了承いただいたものだけです。 しかし、それでは個人が特定さ …

no image

厚労省レベルのパワハラは、今でもあります。

その行動は「指導」それとも「パワハラ」?■増え続ける「○○ハラスメント」 「セクハラ(セクシャル・ハラスメント)」「パワハラ(パワー・ハラス……….≪続きを読む≫ …

no image

パワハラ被害経験者だから、わかること。

 私自身も、パワハラ被害を受けた経験があります。        だからこそ、わかることがあります。        一般的に、パワハラ問題は、   「被 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。