パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

会社で暴力を振るわれたら

投稿日:2016年9月14日 更新日:

会社で暴力を振るわれた場合、

どうするのがよいのでしょうか。

 

会社を辞めることができるなら、

いくらでも対応の仕方はありますが、

通常はそうではないでしょう。

 

【1】診断書だけは必ずとっておく。

本来は、暴力を振るわれたその現場で110番通報。

そして、調書を取ってもらうようにするのが基本です。

 

しかし、さすがにそれはしにくいでしょう。

ですから、当日、翌日に休みをとって病院に行きます。

 

そして、診断書を書いてもらうようにしましょう。

 

【2】診断書がないと、刑事告訴が原則できない

診断書を取るのは、治療費を請求するためではなくて、

加害者に対する心理的なプレッシャーを与えるためです。

 

もし今後、同じようなことがあれば、

刑事告訴しますという意思を見せておくこと。

 

パワハラの延長線上に暴力があるなら、

診断書をとっておくのは、必須です。

 

ただ耐えるという選択肢を選べば、

暴力はエスカレートするのが通常です。

 

診断書があっても刑事告訴ができるとは限りません。

しかし、診断書がない状態で刑事告訴はまず難しい。

ですから、診断書は必ずとっておきましょう。

 

【3】会社にも診断書のコピーは提出しておく

診断書のコピーは、会社にも提出しておきましょう。

本来、会社にはパワハラをさせない職場環境を作る義務があります。

「通院のために休日を頂くこともあるかもしれません。

その際は、よろしくお願いいたします。」と伝えながら、

診断書のコピーを提出します。

 

暴力をふるった側、振るわれた側の2者間の問題にせずに、

会社も巻き込んでおく。

会社も認知していたという状態を、作っておくことが大切です。

 

 

【4】証拠集めだけは行う。

パワハラをすぐに中止させることはできなくても、

パワハラの証拠を集めることは、できます。

 

ですから、ただただ耐えるのではなく、

パワハラの証拠を集めましょう。

 

その証拠が集まれば集まるほど、

自分に自信がついてきますし、

会社を辞める決断も強まっていきます。

 

暴力なんていう下劣なことをされて、

耐えざるを得ない状況から、早く抜け出しましょう。

そのための一歩として、診断書を取るという行動を

始めてみてください。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


  1. Johnd295 より:

    I like this post, enjoyed this one regards for putting up. The goal of revival is conformity to the image of Christ, not imitation of animals. by Richard F. Lovelace. gbbabdeefdkf

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに仕返しする方法-アサーティブな自己主張とは

パワハラ行為を我慢しても、 エスカレートするだけです。   エスカレートさせないためには、 少しずつでも、 適切に仕返しをしていく必要があります。   そのための方法として、 ぜひ …

no image

休職や連休を利用して、パワハラへの対応策を冷静に考えることで、道は開ける。

パワハラ職場からの脱出を考えている方は、ぜひこの連休を使って冷静に戦略を立ててほしいです。 改めてどのような解決を望んでいるかを書き出してみて、そのための方法論も書き出してみましょう。 冷静になって考 …

パワハラへの仕返しの目的は、「相手を変える」ことではなく、あなたの気持ちを晴らすこと。

パワハラを受けた被害者が、 「仕返しをしたい」と言うと、 「仕返しをしても、相手は変わらない」と、 仕返しを止めるように諭してくる人がいます。   たしかに、仕返しをしても、 加害者は何も変 …

no image

加害者に何を言われても、あなたには関係がない

パワハラの加害者は、 あなたにいろんなことを言ってきますよね。   気にするなと言われても、 気になるのは当然です。   気になるのは仕方ないことですが、 他人の言動を受け入れる必 …

no image

パワハラで会社を辞めたいが、転職できない人に、支援業を勧める理由

パワハラ被害者こそ、支援業を副業として始めてください。 あなたの支援を求めている人が、まだまだ多くいらっしゃるからです。 Yuki Yaginuma via Compfight 【1】耐えても、エスカ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。