パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

パワハラ脱出副業・起業 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

あなたは、無能な上司の元にいるべきではない。

投稿日:2016年11月28日 更新日:

パワハラ・職場いじめ被害者に対して、

やっと副業・起業を勧める人が出てきたと思ったら、

私のプログラムの紹介記事でした。

 

パワハラ被害者にこそ、副業・起業という選択肢は必要です。

そして、パワハラ被害者は、短期間で副業・起業に至る必要があります。

そのためのプログラムです。

 

もし興味があれば、ぜひお目通しください。

http://voice.gogetterz.com/2016/11/12001975.html

 

【1】仕事ができる人は、パワハラを受けやすい

パワハラの被害を受ける人は、もともと有能な人が多いです。

いわゆる、「仕事ができる人」ですね。

 

こういう人は、目立ちます。

 

パワハラ被害のターゲットとなる人に、

決まった特徴はありません。

しかし、目立つと当然に、目をつけられやすい

ですから、ターゲットにもされやすいのです。

 

【2】独立・起業という手段もある

あなたはせっかく有能な人なのですから、

独立・起業という方法も、ぜひ考えておいてください。

 

そして、有能な人は、独立・起業が向いているのです。

私もそうなのですが、もともと「組織に属せない人種」はいます。

もしあなたもそのような人であるなら、

無理に転職をするよりも、独立に向けて動いたほうがよいです。

 

方法さえ知れば、あなたならきっとやり遂げるでしょう。

さらに専門家のサポートを受ければ、短期間での起業ができるでしょう。

 

【3】人の役に立つ仕事を

もしあなたが副業・起業を考えているなら、

ぜひその能力を人の役に立つことに使ってください。

 

ただ、儲かるからという理由での起業は、

きっとあなたには向いていません。

そこに何かしらの意義がないと、あなたは動けないでしょう。

 

GRITという本の中でも書かれていますが、

自分の興味と、社会的意義があるからこそ、

人は自分の能力を長期的に磨くことができるのです。

 

有能であるということは、

何かに深い興味を持ったことがあることと、

社会に役立つことに興味があることの証明です。

 

【4】無能な上司から、いち早く脱出しよう

あなたの有能さを見抜けない上司や、会社から

いち早く脱出しましょう。

 

そのための一歩は、副業・起業について調べることです。

ぜひ一歩、踏み出してみてください。

http://voice.gogetterz.com/2016/11/12001975.html

-パワハラ脱出副業・起業, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ被害者は、組織に対して、組織的な対応を望んでいる。

パワハラ被害者が望んでいるのは、個人的な対応ではなく、組織的な対応です。 トップが個人的に被害者の話をどれだけ聞いても、組織として動かないのであれば、それは被害者にとって、パワハラに適切に対応したこと …

no image

総合的な知識を持つからこそ、パワハラから脱出できる。

パワハラから脱出するには、3分野の知識が必要です。 法律・心理・経済の3つの分野の知識です。   この3つの知識は、相互に強く関連しています。 TEDxWandsworth TEDxWand …

no image

パワハラをエスカレートさせない、簡単で効果的な方法

パワハラを受けて、その場で適切に対処できる人は多くありません。「言い返そう」と心に決めていても、できないことのが普通です。 まずはその場でメモ帳を取り出すことから始めてください。メモ帳にメモしている姿 …

no image

コーチングとアサーションの違い

「コーチングとアサーションの違いって何ですか?」という質問がありました。 まったく違うのですが、抽象的に話してもわかりにくいでしょう。 私がサポートしているパワハラ問題の例で言います。   …

no image

パワハラから脱出するには、新しいつながりが必要。

パワハラからの脱出には、 新しいつながりが必要です。   そのつながりは、 弁護士などの 法律家とのつながりかもしれませんし、 別の部署の同僚など、 会社内でのつながりかもしれません。 &n …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。