パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラによる悪影響を、プラスにすることはできる。

投稿日:

パワハラなど他人の悪意・害意への対処法は、私たちは学びません。

そのため、そのような敵意に晒されると、私たちは大きな悪影響を受けます。

だからこそ、それを活用するための技術を身に付けてほしい。

私のゴールは、いじめ・嫌がらせの被害者が、レモン(すっぱい経験)をレモネード(甘いもの)に変える技術を身に付けて、その後の生活で抱えきれないほどのポジティブ経験をしてもらうことです。

そして、それは可能だと確信しています。

【1】敵意への対処法を学ばずに育つ

私たちは「自分がしてほしくないことは、人にしてはいけない」と言われて育ちます。

そのため、他人が自分に敵意を向けてくることは想定されていません。

いじめ・嫌がらせを受けたときに、どのように対処するべきかも学びません。

そのため、自己肯定感、自己効力感が下げられてしまいます。

【2】対処する技術はある

いじめ・嫌がらせに対処するための技術はすでにあります。

それは法的・心理的な知識と技術が必要となりますが、身に付けるのは不可能ではありません。

これを身に付けることで、いじめ・嫌がらせによって自己肯定感・自己効力感を下げられずにいることができ、また適切に責任を追及ができるようになります。

【3】レモンをレモネードに変える

when life gives you lemons, make lemonade
(人生が、あなたにレモンを与えるなら、それでレモネードを作れ)

英語の格言で、「レモンを手に入れたら、レモネードを作れ」というものがあるようです。

酸っぱい経験が与えられたら、それで甘いレモネードを作ろうというものです。

私のゴールの1つは、いじめ・嫌がらせの被害者にレモネードの作り方を伝えることです。

レモン(すっぱい経験)をレモネード(甘いもの)に変える技術を身に付けて、その後の生活で抱えきれないほどのレモネードを作ってもらうことです。

【4】解釈を変えるだけでは足りない

レモンをレモネードに変えるには、単なる解釈の変更では不可能です。

レモンは、どこからどう見ても、見るだけではレモネードにはなりません。

レモネードを作るには、そのための知識と技術が必要です。

私がお伝えしたいのは、そのような知識と技術です。

【5】ゴール設定が重要

レモンをレモネードに変えるには、まずレモネードを作るという明確なゴールが必要となります。

ただレモンを手にもっていても、そこから目指すゴールが「レモンの輪切り」であれば、レモンはすっぱいままです。

まず、明確にそれを甘いものにするというゴールを定めるから、方法が見えてきます。

レモンを見たときに、レモネードを作ろうと無理に思う必要はありません。

辛い経験の解釈を意図的に操作して、すばらしい経験だったと思う必要はありません。

ゴールを定めることで、そのような解釈が自動的に行われるようになります。

レモネードをゴールに定めていれば、レモンは材料に見えます。

大切なことは、あなたなりのゴールを定めることです。そうすることで、あなたなりのレモネードの作り方は見えてきます。

そして、そのような経験をすることで、あなたはすべてのレモンをレモネードにすることができると思えるようになります。自己肯定感も自己効力感も、被害経験の前よりも高まります。パワハラを受けてよかったとは思わないでしょうが、私はあの地獄を乗り越えたという自信ができます。

ですから、諦めずにゴールを定めて、動いていきましょう。あなたならできます。

三國 雅洋 【無料・動画講座】「パワハラ脱出プロジェクト」のすべて
いじめ|パワハラ|退職|起業|副業 Art of Challenge 行政書士・コーチ・コンサルタント 三國 雅洋

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラによって奪われた自信を回復する方法(最初の一歩)

パワハラ被害に遭うと、自分に自信を持てなくなります。 また、被害に遭われている方は、もともと自分に厳しい方が多いため、その自信を取り戻すのも時間が掛かります。 私も元々自分に自信がなかったので、その気 …

no image

職場で嫌がらせをしてくる人の心理

職場で嫌がらせをしてくる人の心理については、 こちらの本がおすすめです。   この本は、実証に基づいた本ですので、 単なる経験論ではありません。 その上で、この本は、人が、他の人を排斥しよう …

no image

パワハラを目撃したら、「ソレハラ」を使ってみよう。

パワハラを目撃したとしても、それを「パワハラだ」と指摘するのは難しいことです。 「自分がターゲットになるのではないか・・・」、「社内での居場所がなくなるのではないか」との不安が出てくるからです。 私の …

100%自分原因説は、間違いだ。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

25歳以下は要注意!モラハラのターゲットになりやすい人の特徴 いま、モラル・ハラスメントは深刻な社会問題のひとつ。 日本法規情報株式会社が678人を対象とした調査……&#823 …

no image

気づかれないファインプレーを続ける。

小学生のとき、 ソフトボールをしていました。 そのときに、3度、 ファインプレーをしたことがあります。 今回は、それにまつわる話です。 【理論編】  人間は、自分の期待を超えたものに、  感動するそう …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。