パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者支援で大事なことは、被害者の自己尊厳を取り戻すこと。

投稿日:

パワハラは法的にもさまざまな問題があります。

加害者に対しては不法行為に基づく損害賠償請求ができる可能性があります。パワハラ行為によっては傷害罪などの刑法上の問題にもなります。

しかし、被害者の立場から言えば、加害者が法的責任を取ったかどうかは、それほど問題ではありません。

被害者にとって大切なことは、”奪われたもの”を取り戻すことです。

【1】普通に仕事ができる状態を取り戻す

パワハラ被害者は転職活動に恐怖を感じます。

そして、転職が決まったとしても恐怖を感じます。

人間の脳が「職場」と「恐怖」を結び付けてしまうからです。

 

そのため、パワハラ被害者は転職活動や、転職にも苦労をします。

普通に働くこと自体が難しくなってしまうのです。

ですから、普通に働ける日々を取り戻すことは、1つのゴールです。

【2】取り戻すことによって、得られるものがある

パワハラ被害者にとって、普通に仕事ができる日々を取り戻すのは最低限のゴールです。

それは最低限のゴールに過ぎないのですが、そのゴールを達成することで得られるものがあります。

マイナスをゼロに戻すとき、そこには”マイナスをゼロに戻した”という経験が手に入ります。

マイナスを乗り越えたという自信がつくのです。

他人の悪意・害意を受けても乗り越えたという経験があると、自己評価を高く保ちやすくなります。

この自己評価に根拠を与えてくれる経験は、新しいことに挑戦するときにも役立ちます。

マイナスがゼロになるというのは、決してプラスマイナスゼロになることではありません。

マイナスをゼロしたという、プラスの結果が残るのです。

ですから、あなたの尊厳を取り戻すための行動は決して無駄ではありません。マイナスをゼロに戻すための不毛な行為ではありません。それはあなたの今後の日々の生活において、あなたを支えてくれるものになります。

ですから、パワハラによって下げられた自己評価を取り戻すために、ぜひ動いてください。

動き続ける人が助かります。

ぜひ今、あなたが無理なくできることを実行に移してください。

個別メール相談
メール相談は、法律・心理・経済の専門家である私が直接、被害者である絶対的な味方となり、あなたの「現状」と「目的」を踏まえて、現実的な解決策の提示等の継続的に徹底サポートを行います。 【1】メール相談の概要 心理の専門家として、絶対的に被害者の味方となるため、精神的に安定しやすくなります。 法律の専門家として、法律面も考慮に入った解決策の提示を受けることができます。 経済の専門家として、退職等に伴う経済面も踏まえた解決策の提示を受けることができます。 あなたの「現状」を踏まえてご回答するので、解決策を実行に移すことができます。 あなたの「目的」を踏まえてご回答するので、望まない解決策の実行を強要されることがありません。 あなたが解決策を実行に移せるように、「コーチング」に基づく心理的な支援を受けることができます。 1回いくらではなくて、回答文字数による報酬設定をしています。 相談回数に制限はありません。1回の報酬支払だけで、何度でもご相談いただけます。 法律について、コーチングについて、副業についてなど、あらゆるご相談にご回答します。 メール1往復いくらではなくて、こちらからの回答文字数の上限が来るまで、何度でもご相談いただけます。プリペイドカードや、テレフォンカード、図書カードなどをイメージしていただくと分かりやすいと思います。回答可能文字数がゼロになるまで、何度でも繰り返し相談いただけるということです。 【2】お申し込みの流れ 下記のフォームからお申し込みください。 「現状」および「目的」について確認を行います。私では回答できない事案の場合、その旨のご連絡を差し上げます。私で回答できない事案の場合、当然に料金は発生しません。 ご回答できる事案の場合、料金、お支払方法等についてのご案内を改めて差し上げます。 振込、クレジットカード決済等にて、お支払いを頂きます。 お支払い、決済等の確認が取れ次第、ご回答を行います。 フォームがうまく働かない場合は、artofchallenge@gmail.com 宛てに、件名に「メール相談希望」とご記入の上、ご相談概要を書いてご送信ください。 銀行振込だけでなく、paypal経由でクレジットカードでの決済も可能です。 paypalをご利用いただければ、当日に相談・回答が可能です。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラが根本的になくせる時代になる。

政府が、副業・兼業することを、積極的に認めようとし始めました。   もちろん、政府が各企業に命令をできるわけはないのですが、 時代の流れとしては、副業・兼業が当然となる時代が来るでしょう。 …

no image

パワハラに対して、何もできない自分が嫌なときは

パワハラ・職場いじめを受けていて、 それに対して、何をすればよいのかは分かっているのに、 まったく行動に移せないときがあります。   たとえば、被害メモを取ればよいと分かっているのに、 さま …

no image

現状維持を続けても、パワハラは解決できない事実を、認めよう。

現状維持を続けても、パワハラは解決できません。 なにかしら、現状打破に向けた行動が必要となります。   ちなみに、カウンセリングは現状打破のためのものではありません。 そもそも、カウンセラー …

no image

パワハラに対して怒りにまかせて反撃するのは得策ではないが、何もしないよりは絶対にいい。

パワハラに対して声を上げ、状況改善に向けて行動を起こすのは、本当に勇気がいることです。 ですから、たとえそれが怒りに任せた突発的なものであっても、声を上げることができたなら素晴らしいことです。 後悔す …

no image

福岡県糸井市の消防本部内で行われ、免職の処分を受けた加害の中心人物の1人には、退職金が支払われることが判明

《糸島市消防本部内で、消防職員13人が集団で数年にわたり、約30人の同僚に暴言、暴行、パワーハラスメント行為などを繰り返していたもの》とされる事案で、パワハラ加害行為の中心人物とされる消防本部警防課、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。