パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラへの恐怖で縛られているときは、意図的に思考力を落とさないと解決できない。

投稿日:2019年7月29日 更新日:

パワハラから抜け出すには、思考力をあえて落とす必要があります。

思考力を落とさないと、解決策を実行に移せないからです。

【1】思考力が高いと、解決策を実行に移せない

脳には「休止・計画モード」と「闘争・逃走モード」の2つがあります。

「休止・計画モード」は副交感神経優位のリラックス状態で、思考するための脳のモードです。

一方で「闘争・逃走モード」は交感神経優位の緊張状態で、行動するための脳のモードです。

交感神経と副交感神経は、どちらか一方が優位な状態になります。

思考力と行動力は、相反するものなのです。

思考力が高い状態では、解決策を実行に移すことができないということです。

【2】思考力が高いと、不安が先に立つ

パワハラを解決するには、もちろん、思考することが大切です。

目的と状況を踏まえて解決法を見つけ出すには、思考しなければなりません。

最悪の事態を想定し、それを回避する方法を考える必要があります。最悪の事態が生じた場合の回復方法も考えておく必要があります。

しかし、それらが見つかったあとには、思考力は意図的に落とす必要があります。

思考力が高い状態では、不安が先に立つからです。

不安が高まれば高まるほど、解決策を実行に移すのが困難になります。

【3】解決策を実行に移すために、あえて思考力を落とす

解決策を実行に移すときは、あえて思考力を落としましょう。

視野を狭くして、不安には目をつぶりましょう。

計画を実行に移すことに集中するのです。

行動することに集中してください。

解決策を実行に移すことを阻む、心の中の声には耳をかさないようにしましょう。

意図的に思考力を落とさない限り、パワハラの解決策を実行に移すことはできません。

もしあなたが、不安や恐怖に縛られて解決策を実行に移せないなら、意図的に思考力を下げてください。他者から命令されたとおりに動くかのように、自分から自分に出した命令に従うようにしてください。

パワハラを解決するには、最終的には行動が必要です。行動を起こさないかぎり、解決はありません。

解決策を行動に移せないなら、頭を使いすぎているのです。

頭を働かせることを止めましょう。ただ思いついた解決策を実行に移すことだけを、考えてみてください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

職場いじめで辞めたいときに、あなたが取るべき行動。

職場いじめを受けているとき、 最初に考えることは、なんとかやり過ごすこと。   次に、上司になんとかしてもらうことを考えて、 それでもダメなら、転職を考えることになります。   た …

no image

パワハラに仕返しするなら、一気に徹底的に

加害者に仕返しをするなら、一気に徹底的に、容赦なく、行いましょう。 そうしなければ、再報復を受ける可能性があるからです。   過去のパワハラ処分事例でも、パワハラ被害を内部告発した人が、加害 …

no image

現状維持を続けても、パワハラは解決できない事実を、認めよう。

現状維持を続けても、パワハラは解決できません。 なにかしら、現状打破に向けた行動が必要となります。   ちなみに、カウンセリングは現状打破のためのものではありません。 そもそも、カウンセラー …

no image

パワハラを誰に相談すればよいか分からないときは、まず友人に相談してみるのもいい。

パワハラ被害を誰かに打ち明けるのは、勇気がいることです。 特に、同僚や上司に相談するとなれば様々なリスクがあります。 ですから、友人に相談するというところから始めてみるのも1つの手ですね。誰かに打ち明 …

no image

経営者のパワハラ対策第一歩は、被害者とチームを組むこと。

経営者として、社内のパワハラを本気で撲滅したいなら、まず被害者とチームを組みましょう。 経営者には経営者にしかできないことがあり、被害者には被害者にしかできないことがあります。 — 三國雅洋:パワハラ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。