パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けていて悔しいなら、してほしい3つのこと。

投稿日:

無料個別相談会のリンクです。

パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

 

 

パワハラを受けると、屈辱的な気持ちになります。

悔しいと思うのは当然です。

加害者に責任追及をしたいと思うでしょう。

しかし、責任追及を行えば、あなた自身が不利な立場に追いやられる可能性があります。

加害者ごときのためにあなたのキャリアを棒にする必要はありません。

まずはあなた自身の不利にならないような状況作りを行っていく必要があります。

さらにあなたが加害者よりも有利な状況になるような状況作りも行っていくとよいでしょう。

そのために何をすればよいのかについて書いていきます。

【1】悔しいと思うのは当然のこと

パワハラはとても屈辱的な行為です。

「嬉しい」と思うのは、当たり前のことです。

周囲の人々は「気にするな」という風なアドバイスをしてきますが、そのようなことは人間の性質上できません。

自分の気持ちに嘘をつく必要はありません。

悔しいという気持ちを押さえつける必要もありません。

【2】加害者に罰や処分を受けさせるのが理想

加害者に対して、”責任追及を行いたい”という気持ちも生じるのが当然のことです。

法律上も、加害者に対しては、民事上、刑事上の責任追及が可能な場合さえあります。

どのような会社であっても民事上、刑事上の事件ともなれば、社内処分を検討します。

加害者が社内処分を受けていないのは、あなたが耐えてあげているからにすぎません。

加害者に対して責任追及をするのが、理想でしょう。

ですが、責任追及をするには大きなハードルがあります。

それによってあなた自身が不利な状況になる可能性が高いのです。

【3】自分を不利にさせないことから始める

加害者なんかのために、あなたのキャリアに傷をつける必要ありません。

責任追及のためには、責任追及を行ったとしても不利にならない状況を作ればよいのです。

そのために必要となるのが「証拠」と「味方」です。

証拠はまず被害メモを取ることから始めましょう私のステップメールに登録すると無料ダウンロードできる『パワハラ被害メモテンプレート』をご利用ください。

可能であれば、録音や録画を行います。

これらを最低限、1ヶ月間は続けましょう。パワハラの深刻さを伝えるには、膨大な量の証拠が必要だからです。

同時に味方を作っていきます。

まずは味方となってくれそうな人に、ただ話を聞いてもらうことから始めましょう。

あなたが話をしやすい開いてたあれば誰でも構いません。社外の人間でも構いません。味方は数が多ければ多いほど、あなたの精神安定に役立ちます。最初に大切となるのは味方の「数」です。

この時点であなたに対してアドバイスをしてくる人は、あなたの味方となってくれる可能性は低いです。あなたの話を聞いてくれる人が現れたら、その人に相談を持ちかけましょう。

もし誰にも相談することができないなら、私の相談をご利用いただければ良いでしょう。

【4】自分を有利にすることを始める

「証拠」と「味方」が増えれば増えるほど、あなたが不利な状況に陥る可能性は減ります。証拠と味方は、あなたのリスクを減らしてくれるのです。

しかし、リスクを取り除くだけでは状況は改善しません。

あなたが有利になる状況を作っていく必要があります。

より率直に言えば、あなたのパワーを増やす活動が必要となるのです。

【5】自己の成長に目を向けることが、精神安定につながる

会社内であなたのパワーを増やすには、様々な方法があります。

その中で最も役に立つのが、職務に関係するスキルを磨くことです。

あなたの業界で転職をする際に、重視されるようなスキルを磨きましょう。

職場内において、「これなら誰にも負けない」というものを持つことが、あなたの精神安定に役立ちます。

私は医療法人理事時代、経理、労務、医療事務など全てにおいて負けない自信がありました。

これがあったからこそ、誰も私への直接的な攻撃はできなかったのです。

職場内において、スキルというのはパワーになります。

【6】加害者を見返す必要はない。

私は、あなたが有利になるために職場内でのスキルを磨いて欲しいと思っています。

しかし「加害者を見返せ」とは思いません。

加害者は、パワハラという幼稚な手段をとってくる相手です。あなたが相手をしてあげるレベルの人間ではありません。

加害者を見返すためではなく、あなたが職場内において、または転職する場合になった場合に有利になるように、スキルを磨いてほしいのです。

あなたが職場内においてのスキルを磨くのは、加害者のためではなく、あなたのためです。

【7】動き続ける人が助かる

パワハラは動き続ける人が助かります。

立ち止まれば、状況が悪化するだけです。パワハラに耐えれば、かならずパワハラはエスカレートします。

あなた自身が不利にならないように証拠と味方を集め続け、あなたが有利になるようにあなたの職場内でのスキルを磨きましょう。

自分自身の成長のために動き続けましょう。

証拠集め、味方を募り、自らのスキルアップのために時間を使いましょう。

あなたはパワハラを受け続けるべき人ではありません。

苦しいとは思いますが、無理をしない範囲でよいので、行動を起こし続けましょう。

 

 

無料個別相談会のリンクです。

パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


  1. 匿名 より:

    [1]のところに誤字があります。
    悔しいが嬉しいになっていました。
    もうそこから読む気になれないほど落ち込みます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

職場でいじめを発見したときに、あなたが取るべき簡単な方法

親同士でタッグ? 「子どもの友達」がいじめを受けているときの対処法【ママからのご相談】 息子の友達がいじめを受けているようです。何とかしたいのですが、私が行動すること……&#8 …

no image

パワハラに対して「立ち止まる」は最悪の選択肢

「立ち止まる」は、現状を維持するためには最適の選択です。 ですが、パワハラにおいては現状維持では解決はあり得ません。 ですから、立ち止まっていてはいけないのです。 — パワハラ解決コンサルタント 三國 …

no image

パワハラ・職場いじめを受けている現状に、感謝なんてしなくていい。

よく「辛い状況に感謝しましょう」と、 言う人がいますね。   そんな感謝をする必要はまったくありません。   パワハラを受けている現状に、 感謝なんてできますか? できるわけないで …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

【Sarahahご回答】労働局への相談は、無意味なのか?

【1】無意味となる行動はない 労働局への相談は、解決に向けた布石にすぎません。 この「労働局に相談した事実」ことが大切なのです。 「労働局にも相談しました」と伝えた上で、内部で改めて相談をしてみてくだ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。