パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラへ反撃するときに、覚悟するべきこと

投稿日:

パワハラに反撃をするときは、あることを覚悟しなければなりません。

それは、「加害者からの報復を受けること」です。

加害者は、ほぼ間違いなく報復をしてきます。

自分の行為をパワハラだと認めて反省し、謝罪する人は滅多にいません。

ですから、報復を受けることは覚悟をして、反撃を始めましょう。

Wyoming National GuardCreative Commons License The National Guard via Compfight

【1】処分を受けるような加害者は、反省などしない

公務員、大企業や大学などで、パワハラがあるとそれが公表されます。

その公表された処分の中で、加害者が反省している事例は、ほとんどありません。

 

福岡県糸井市の消防本部でのパワハラ加害者の中心人物の一人は、懲戒免職になっています。

それでも、加害行為を認めていないと報道されました。

 

福島県立医大でパワハラをしたとして、停職3ヶ月になった女医も同じです。

処分後も、パワハラではないと主張しました。

 

そもそも、自分の行為がパワハラだとは思っていません。

ですから、反省などしません。

むしろ、自分への攻撃だと判断して、あなたへの報復行動を始めます。

 

【2】加害者は、報復行動に出る

広島大学で、教授が助教授に対して、パワハラをしました。

この事例では、最終的に被害者がクビになっています。

加害者が、被害者の勤務評定をしているのです。

報復人事というものです。

 

広島大学で“大人のいじめ”1──業績水増し告発の准教授が“クビ”へ(明石 昇二郎)
広島大学原爆放射線医科学研究所最高学府であるはずの国立大学で今、パワーハラスメント(パワハラ)が罷り通っている。部下の教員をいじめて何ら恥じることのない教授が「教育者」を気取る――。これでは、小学校や中学校、高校で学ぶ子どもたちにも示しがつかない。だが、幹部教

 

福岡県糸井市の消防本部でも、パワハラへの告発がされました。

しかし、告発者が特定され、報復的なパワハラがされています。

 

加害者は、自分が悪いとは思っていません。

ですから、必ず報復行動に出ます。

 

私もパワハラに反撃をしましたが報復行動に出られなかったのは、私は組織の弱みを全部握っているからです。

私はそもそも、その組織の事務をすべて一通りしていました。ですから、私がつかめない情報はなかったのです。

そういう立場にない限りは、まず報復行動を受けます。

 

【3】反撃をするということは、報復を覚悟するということ

ですから、パワハラに反撃をするということは、報復を覚悟することと同じです。

その覚悟がない状態で反撃を行ってしまうと、パワハラがエスカレートするだけです。

 

エスカレートさせないためには、一気に徹底的に叩き潰すぐらいの攻撃が必要です。

相手が報復できないぐらいにまで叩きのめさないといけません。

それができないなら、反撃はしないほうが安全です。

 

ですが、だからといって耐え続けることもできません。

ですから、反撃ができないなら、辞めるための準備をするべきなのです。

 

【4】徹底的に戦うつもりがないなら、辞めるのが得策

パワハラと戦うには、大変な時間と労力が必要です。

もし、そこまでして戦うつもりがないなら、すぐに辞めるための準備に取り掛かりましょう。

 

辞めるための準備というのは、転職活動であったり、独立・起業に向けた行動です。

ただ耐えているだけでは状況は悪くなる一方です。

ですから、辞めるための準備を進めるのです。

 

パワハラに反撃すれば報復がされます。

報復されないためには、相手を徹底的に叩きつぶすぐらいの行動量が必要です。

もし、それをするつもりがないなら、辞めるための準備をしましょう。

それがあなたにとっての、現実的な解決策の1つです。

 

もし、どうしても許せないなら、退職後に訴えればよいのです。

まずは、退職できる状態を作るために、動いてください。

 

パワハラを受けつつ、耐えていらえっる日々は長くはありません。

いますぐ、動きましょう。

 

もし、パワハラ脱出支援を受けたい場合は、こちらからお申し込みを。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

本当に復讐がしたいのかを考える。【退職できないジレンマを解消する。】

 パワハラ被害に合うと、    復讐をしたいと考える人がいます。        その気持ちは十分にわかります。    パワハラや職場いじめで、     …

no image

パワハラと戦うと決めたら、するべき4つのこと

パワハラと戦うと決めたら、しておいたほうがよいことがあります。 次の4つです。 (1)セーフティーネットを作る (2)証拠を集める (3)職場内で味方を作る (4)専門家の助言を受ける。 退職に追い込 …

no image

【Sarahahご回答】1ヶ月に100冊を読むためのテクニックとお勧めの書籍

Sarahahからご質問、ありがとうございました。 ご質問は下記から完全匿名で可能です。 三國 雅洋 Sarahah 読書量を増大させたいときは、定期的に書店に通うのが一番だと思います。 本に触れる機 …

no image

パワハラ加害者のために、あなたの人生全体を犠牲にしないためにも、「解決」を明確にしておく。

パワハラに立ち向かうときに、最初に決めておくべきものが「ゴール」です。 あなたが心から望む結末はどのようなものでしょうか? それは異動や転職かもしれませんし、加害者への責任追及かもしれません。 それを …

no image

パワハラを同僚に相談してもおそらく解決はしないが、相談した事実は無駄にはならない。

同僚にパワハラを相談しても、きっと何もしてはくれないでしょう。 しかし、あなたが同僚に相談した事実が残ります。 その事実が大切なのです。 同僚に相談しても解決できなかったことで、上司に相談しやすくなる …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。