パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

書評-『LAW(ロウ)より証拠』

投稿日:2017年4月22日 更新日:

今回は法律編です。

『LAW(ロウ)より証拠』という書籍をご紹介します。

http://amzn.to/2orBY4k

 

法律関連の問題を自力で解決したい方には、必須の本と言えるでしょう。

パワハラは特にそうですが、法律を知っているからと言って解決ができるわけではありません。

法律を実践で使うためには、証拠についての知識が必須なのです。

 

【1】証拠集めは誰の仕事?

まず、多くの人が知らない事実があります。

それは、弁護士は証拠集めは行わないということです。

 

弁護士が動いて、証拠を集めてくれると思っている人がいますが、それはまずありません。

証拠は、依頼者が自分で集めるのです。

 

【2】証拠がなければ、法律は使えない

弁護士は証拠がなくても、依頼者の主張を信じて動くことはできます。

 

私のところにときどき、弁護士から内容証明が届いたと言って、相談に来られる方がいらっしゃいます。

その内容証明郵便では「お金を貸したので、返してほしい」という主張でした。

 

ですが、よくよく話を聞くと、常識的に考えてそれはあり得ませんでした。

相談者はホステスで、相手方はその顧客。

相談者のマンションの賃貸料を、相手方が払うほどの入れ込み具合でした。

相手方が、相談者にプレゼントしたものは数知れず。

その中で、お金だけは金額が分かったから返してほしい、というものでした。

 

【3】証拠がなければ、弁護士は動けない

結局、上記の相談については「貰ったものなら、貰ったと主張すればいい」とだけ助言しました。

借りていない証拠を、相談者が出す必要はないからです。

貸したと主張する側が、貸した証拠を出す必要があります。

 

基本的に、権利を主張する側が、自分にはその権利をあることを主張しなければなりません。

弁護士は当然に、それを知っています。

ですから、相談者がそのように回答して依頼、何も相手方弁護士からは連絡がなかったそうです。

 

弁護士は、証拠がなければ動きません。

その証拠を集めるべきは、自分なのです。

 

【4】どうやって証拠を集めるか

その証拠の集め方を、具体的な事例と物語で教えてくれるのが『LAW(ロウ)より証拠』です。

教科書のような固い本ではなく、一般書として読み物としても面白い本です。

ですが、その内容はとても実践的で、きっとあなたにも役立つでしょう。

 

この本を理解し、実践することができれば、かなりの法的問題を自分で解決できるようになります。

パワハラ被害に遭っている人には、必須の本だと思っていますので、ぜひご一読ください。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

職場でいじめを発見したときに、あなたが取るべき簡単な方法

親同士でタッグ? 「子どもの友達」がいじめを受けているときの対処法【ママからのご相談】 息子の友達がいじめを受けているようです。何とかしたいのですが、私が行動すること……&#8 …

no image

パワハラ加害者を監視(ウォッチ)することで、加害行為にけん制をする。

パワハラに耐え続けても、エスカレートする一方です。無視したり、耐えてはいけません。 しかし、反撃をするのも心理的にはハードルが高いでしょう。 そのような場合は、けん制することをお勧めします。まずやって …

no image

パワハラから脱出するには、新しいつながりが必要。

パワハラからの脱出には、 新しいつながりが必要です。   そのつながりは、 弁護士などの 法律家とのつながりかもしれませんし、 別の部署の同僚など、 会社内でのつながりかもしれません。 &n …

no image

パワハラを止めさせたいなら「その場で被害メモを取る」を実行に移す。

パワハラ被害を受けていて、加害行為を止めたいなら、まずは「その場でメモをとる」を実行してみてください。 パワハラ行為があったら、その場でメモ帳を取り出して、日常、内容などをメモしましょう。 — 三國雅 …

no image

「いい人」をやめるのは、誰が得をするのか。

もしあなたが「いい人」でいるせいで、 会社でパワハラを受けたり、損な役回りをしていて、 「『いい人』なんてやめたい」と思っているなら、 ぜひ一度、考えてみてください。   あなたが「いい人」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。