パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

書評-『LAW(ロウ)より証拠』

投稿日:2017年4月22日 更新日:

今回は法律編です。

『LAW(ロウ)より証拠』という書籍をご紹介します。

http://amzn.to/2orBY4k

 

法律関連の問題を自力で解決したい方には、必須の本と言えるでしょう。

パワハラは特にそうですが、法律を知っているからと言って解決ができるわけではありません。

法律を実践で使うためには、証拠についての知識が必須なのです。

 

【1】証拠集めは誰の仕事?

まず、多くの人が知らない事実があります。

それは、弁護士は証拠集めは行わないということです。

 

弁護士が動いて、証拠を集めてくれると思っている人がいますが、それはまずありません。

証拠は、依頼者が自分で集めるのです。

 

【2】証拠がなければ、法律は使えない

弁護士は証拠がなくても、依頼者の主張を信じて動くことはできます。

 

私のところにときどき、弁護士から内容証明が届いたと言って、相談に来られる方がいらっしゃいます。

その内容証明郵便では「お金を貸したので、返してほしい」という主張でした。

 

ですが、よくよく話を聞くと、常識的に考えてそれはあり得ませんでした。

相談者はホステスで、相手方はその顧客。

相談者のマンションの賃貸料を、相手方が払うほどの入れ込み具合でした。

相手方が、相談者にプレゼントしたものは数知れず。

その中で、お金だけは金額が分かったから返してほしい、というものでした。

 

【3】証拠がなければ、弁護士は動けない

結局、上記の相談については「貰ったものなら、貰ったと主張すればいい」とだけ助言しました。

借りていない証拠を、相談者が出す必要はないからです。

貸したと主張する側が、貸した証拠を出す必要があります。

 

基本的に、権利を主張する側が、自分にはその権利をあることを主張しなければなりません。

弁護士は当然に、それを知っています。

ですから、相談者がそのように回答して依頼、何も相手方弁護士からは連絡がなかったそうです。

 

弁護士は、証拠がなければ動きません。

その証拠を集めるべきは、自分なのです。

 

【4】どうやって証拠を集めるか

その証拠の集め方を、具体的な事例と物語で教えてくれるのが『LAW(ロウ)より証拠』です。

教科書のような固い本ではなく、一般書として読み物としても面白い本です。

ですが、その内容はとても実践的で、きっとあなたにも役立つでしょう。

 

この本を理解し、実践することができれば、かなりの法的問題を自分で解決できるようになります。

パワハラ被害に遭っている人には、必須の本だと思っていますので、ぜひご一読ください。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

鏡の法則で、自己肯定感を下げないでくださいね。

 パワハラや職場で嫌がらせを受けている人で、    鏡の法則を信じている人は大勢います。        鏡の法則そのものを信じていなくても、    他人は自分の …

no image

正しいことをするための、現実的な方法論【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

最近、新しいことへの挑戦をしていなかったので、 今日は少し挑戦をしてみました。 どんな結果になるのか、楽しみです。 【理論編】 職場のハラスメントを受けている人は、すごくよい人が多い。 ハラスメントを …

no image

【雑記】プロセスを共有することで、仲間が増えていく

コーチで、YOUTUBEのリンクコラボという企画を立ち上げました。 この一連の流れを見ていただくことで、ゴールとプロセスの共有がいかに大切かを理解していただけたらと思います。仲間を作るプロセスというの …

no image

パワハラの悩みを打ち明けると、信頼が深まる。

『ボクは吃音ドクターです。 』を読みました。   私にも、吃音があります。 いわゆる、どもりというものですね。   昔から、滑舌の悪さはコンプレックスだったのですが、 動画を撮り始 …

no image

パワハラで会社を辞めたくても、辞められないときは

【1】辞められないときの対処法 私が、クライアントに必ず言うのが、 「辞めても困らない状況を作りましょう」と、 言うことです。 これは理想論ではなくて、 現実的に考えて、 それしかないからです。 もし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。