パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

現状を打破するためには、「今、するべきこと」をしてはいけない。

投稿日:2017年5月4日 更新日:

現状を打破したいと思うとき、「今、するべきこと」をしてはいけません。

むしろ「今、するべき」とは、全く思わないことこそ、するべきなのです。

Canasta Outdoor CollectionCreative Commons License Wicker Paradise via Compfight

【1】RASと重要性

人間の脳には、RASというシステムがあります。

これは、現状のあなたにとって重要なものだけを、認識に上がらせる脳のシステムです。

逆に言えば、RASによって遮断された情報だけを、私達は認識しているのです。

 

【2】RASがスコトーマを生む

私達の脳は、五感が受け取っている情報のすべてを、認識に上げているわけではありません。

RASによって取捨選択された情報だけを、認識に上げています。

物理的には受信している情報でも、振るい落とされたものがあるということです。

この物理的には受信していても、RASによって遮断され意識に上がらない部分を「スコトーマ(心理的盲点」と呼び舞す。

RASという仕組みによって、物理的な盲点以外に、心理的な盲点=スコトーマが生まれるのです。

 

【3】現状打破のカギは、スコトーマに隠れている

辛い現状から脱出する方法が分からないとき、その脱出法はスコトーマに隠れているのです。

つまり、現状打破のカギは、RASによって遮断されているのです。

RASは現状にとって重要でない情報を遮断する仕組みですから、つまり現状打破のカギは「現状の自分にとっては重要でないこと」となります。

あなた自身は重要だと思わないことこそが、現状打破のカギとなるのです。

 

【4】「無駄なこと」の中にこそ、現状打破のカギはある

現状の自分にとって重要ではないと思うことは、つまり「無駄」だと思えることです。

「今、他にもっとやるべきことがある」と思うようなことこそが、現状打破をもたらします。

自分にとって無駄だと思えることの中にこそ、辛い現状を好転させるカギはあるのです。

 

たとえば、起業・副業を始めるぐらいなら、転職活動をしていたほうがよいと思うかもしれません。

ブログやツイッターで、励まし合うことのほうが大切だと思うかもしれません。

でも、今自分が重要だと思うことの中に、現状を大きく変えるようなカギはないのです。

現状の自分にとって重要なものは、現状を維持するために必要ものだけだからです。

 

あなたの生活の中に、現状の自分にとっては無駄であり、ゴールの自分にとっては重要なものを、少しつずつでもよいので取り込んでいってください。

それこそが、あなたの大きく変換させるときに必要となるものです。

現状の自分の重要性で物事を判断してはいけません。

ゴール側の自分にとっての重要性で、物事を判断し、それをどんどん取り入れていきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラを行政に相談に行くときは、法律家といくと対応が変わる。

労基署や労働局に相談に行くとき、 法律家と一緒に行くことで、 対応が大きく変わることがあります。   【1】電話対応から推して知るべし 行政の担当者は、労働問題の専門家のはずです。 しかし、 …

no image

辛い現状を変えるためには、そのための特別な心理技術が必要。

辛い現状にあるとき、カウンセリングは必須です。 ですが、カウンセリングだけでは、現状を変えることはできません。 カウンセリングの目的がそもそも、元の状態に戻すことだからです。 マイナスをゼロの状態に戻 …

no image

パワハラの報復が怖いなら、徹底的に仕返ししておく。

無料個別相談会のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   パワハラに対抗したいけれど、報復が怖い。 このような感覚を持つのは、正常なことです。 ですが、そ …

no image

「職場の病気」としてのパワハラ

世の中には、常に誰かがパワハラに遭っている職場があります。 もしあなたが被害に遭う前に、誰かが同じような被害に遭っていたなら、パワハラは「職場の病気」の可能性があります。 パワハラを生み出す職場となっ …

no image

悪口大会、陰口大会から自分を心身を守ろう。

悪口大会・陰口大会は、 本当に嫌気がさしますよね。   私も、会社に勤めていたときは、 イヤイヤながら聞いていました。   【1】悪口大会・陰口大会は、誰にとっても悪影響 言葉は映 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。