パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

《「利」を切れる》からこそ、パワハラと戦える

投稿日:

『アカギ-闇に降り立った天才』というマンガがあります。

その中に、鷲尾という敵がアカギを、次のように賞する場面があります。

《この男は・・・・・・自分の「利」を切れる男・・・・・・!》

この「利」を切ることができるかどうかは、パワハラと向き合うときにも大切となります。

 

【1】損失を許容できるかどうか

《「利」を切る》というのは、これは損失を許容できるかどうかということです。自分が持っているものを、どこまで失ってもよいかを決められることです。これは起業論では「許容損失の原則」と呼ばれます。

パワハラと戦う場合、さまざまな損失が予想されます。少なくとも労力、時間はかかります。専門家を雇うことになれば、お金もかかります。この損失を許容できる人だけが動けます。

 

【2】リスクに目をつぶるのではない

「許容損失の原則」は、リスクに目をつぶるのではありません。むしろ、積極的にリスクを見つめ、その上で最悪の場合でも許容できるかどうかを判断します。

適切にリスクを取るために、リスクを見つめるのです。リスクを見つめ、許容できると判断したからこそ、迷わずに行動に移せるのです。たとえば、私の場合は、顔を出すリスクを考慮した上で、そのリスクは許容できると判断したから、そうしています。

 

【3】損失を織り込んであるからこそ、新しい行動ができる

副業・起業に関する情報発信についても、実はリスクがあるものです。これを始めることによって、Twitterでいえばフォロアーが、YOUTUBEでもチャンネル登録者が減る可能性は高いと思っています。しかし、それは織り込み済みなのです。

どれだけの利益が出るかについては、実行に移してみないと分からないことのほうが多いのです。取らぬ狸の皮算用をしても、意味がありません。しかし、損失を予想して、それを織り込むことはできます。逆にいえば、損失を織り込んでおかないといつまでも不安が増大して、動けなくなります。

損失を織り込んでおくからこそ、動けるようになるのです。

 

【4】最悪の事態を想定して、許容できるかどうか

最悪の事態を想定して、それが許容できるかどうかを考えてみましょう。

その上で、許容できると思ったり、「大したことない」と思えるなら、実行に移せばよいのです。

もし、冷静に判断して許容できないと思ったら、別の方法を考えたほうがよいでしょう。

いずれにしても、新しい行動を起こすには損失を覚悟しなければなりません。生じうる損失を覚悟できるからこそ、挑戦ができるのです。

自分は何も賭けることなく、利益だけを得ようとするなんてことは、やはりできないのです。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラがフラッシュバックするのは、あなたが弱いからでは決してない。

パワハラは、その職場から離れた後でも悪影響を及ぼします。 その職場のある方向に向かうだけでもフラッシュバックして、体調が悪化することもあります。 それは誰にでもあることであって、あなたが弱いからではあ …

no image

会社と戦うには証拠が必要【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

パワハラと戦う選択肢を選んだ場合、 何よりもすべきは、証拠集めです。 個人が会社と戦う場合は、 何よりも味方につけるべき存在、 それが国家権力です。 国家権力のうち、行政と司法は、 あなたが動くことに …

no image

パワハラ職場から脱出する最初のステップ

 パワハラ・職場いじめを受けていると、    何が正しいのか、よく分からなくなってきます。    自分に自信がなくなってきます。        私も、 …

no image

パワハラから脱出するための、現実的な解決策を見つける方法

パワハラから脱出するには、あなたの現実を踏まえた解決策が必要です。 その方法を見つけるためには、2つのことを考慮しなければなりません。 1つは目的、1つは状況です。 【1】「方法の原理」 西條剛央先生 …

no image

パワハラに耐えられないなら、すぐに辞めるのが得策。

パワハラに耐えても、何も得るものはありません。 むしろ、精神・身体を蝕まれてしまうだけです。 ですから、可能であれば、すぐに辞めるのが得策です。   【1】パワハラに耐えて、得られるもの パ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。