パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者に弱い人はいない。すでに強い人であり、望めばもっと強くもなれる。

投稿日:

私たちは他人の言動によって、自己イメージを作っています。

そして、パワハラ被害者は、あなたの自己イメージを下げる言動ばかりをしてきます。

そのため、被害を受け続けると自分が弱く、もろく、無能な人間であるかのように思い込まされてしまいます。パワハラを受けたら、誰でも自己イメージは下がってしまうものなんです。

しかし、あなたはすでに強く、有能な人です。パワハラを受けている現状を変えようと動かれていますし、そしてパワハラ被害に遭いながらも仕事をされているのです。これは本当にすごいことです。

もちろん、あなたが望めば、もっと強く、タフで、有能な人になることができます。

あなたはすでに強く、タフで、有能な人であり、望めばもっともっと強く、タフで、有能になれます。

加害者は、あなたに恐れ、あなたの潜在能力に恐れています。だからこそ、あなたに対して卑怯な攻撃をしてくるのです。

そして、その攻撃は、あなたの自己イメージに対してのものです。洗脳と言ってもよいでしょう。

その洗脳を取り除くために、まずはゴールを設定してみてください。

そして、ゴールにとって有益かどうかで物事を判断する訓練をしてみてください。

たとえば、あなたのゴールが転職することであれば、加害者の行為は「あと少しで”元上司”となる人の言動」と判断することができるようになります。責任追及のための資料として、被害メモを取っておくことはお勧めしますが、その言動を真に受ける必要がないと、自然と思えるようになります。

ゴールから判断することによって、加害者の行為は「ゴミ」と明確に判断しやすくなるため、比較的、無視しやすくなります。また、加害者の言動によるダメージからも、回復がしやすくなります。

加害者の洗脳は少しずつあなたを蝕んでいます。ですから、ぜひあなたがすでに強い人であり、タフな人であり、有能な人であることを忘れないでください。

そして、その自信を取り戻したら、ぜひ状況改善に向けた行動を行っていきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者がいる職場へ、復職せざるを得ない場合の対処法

パワハラを受けて、休職をせざるを得なくなると、次の問題が待っています。 復職をするかどうか、という問題です。 転職ができれば復職せずに転職するのが一番です。 ですが、多くの場合、精神疾患を抱えています …

no image

パワハラを行政に相談するときは、事前に電話をしておくとスムーズになる。

パワハラについて、労働局に相談に行くときなどは、まずは電話をしてみましょう。 電話をすることで、相談がスムーズに行くようになるからです。   相談受付ができる曜日、時間帯、場所などの確認もで …

no image

「お前」呼ばわりはパワハラか?法律上の定義に従って、専門家が解説。

「お前」と呼ぶことは、パワハラに当たるでしょうか。 法律上の定義に従って、考えてみましょう。 【1】法律上の定義 2019年5月29日『女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法 …

no image

パワハラから抜け出すためには、無理をしてはいけない。

無理をしないように気を付けましょう。許容できるリスクのみを、とっていくようにするんです。 うまく行かなくても問題ないこと、またはうまく行かなかったときリカバリーできることだけをするようにするんです。 …

no image

自己評価が高い人だけが、パワハラに対抗しつづけられる。

自己評価というのは、現実においても大切。 自分を低く評価している人は行動を起こせないし、続けられない。 反対に、自己評価が高い人は積極的に行動を起こすし、障害があっても簡単にはあきらめない。 — パワ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。