パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者にメンタルコントロール技術が必要な理由

投稿日:2016年9月2日 更新日:

パワハラ被害者には、カウンセリングだけでは不十分です。

なぜなら、カウンセリングでは現状は変わらないからです。

【1】カウンセリングでは必要だが、十分ではない

傷ついた心を癒すための、カウンセリングは必要です。

誰だって攻撃されたら痛いですし、傷つきます。

一人では回復できないレベルの、心の傷を負うこともあります。

ですから、カウンセリングは必須です。

しかし、それだけでは足りません。

 

【2】カウンセリングでは、どうやったら脱出できるかはわからない。

カウンセリングを受けるのは被害者です。

でも、原因を作っているのは99%加害者です。

 

1%、被害者の原因として残したのは、

自分にも改善すべき点があると思わないと、

誰も味方になってくれなくなるからです。

 

それはともかく、

主原因であるのは加害者。

 

でも、カウンセリングでは、

その加害者に対する手段は考えません。

 

そもそも、カウンセリングは、

現状から脱出するためのものではない。

 

基本的には、癒すこと。

マイナスをゼロに戻すこと、

ネガティブをフラットに戻すためのものが、

カウンセリングです。

 

【3】現状から脱出するための、心のエネルギーを生み出す技術が必要

被害者であるあなたが、

どれだけカウンセリングを受けても、

基本的には、現状は何も変わりません。

 

あなたを攻撃してくる人に対して、

いままで通りに接するのですから、

いままで通り、攻撃されるだけです。

 

もちろん、さまざまな対処法はあるのですが、

通常は、その手法を行動に移せません。

これは当たり前で、そのようなエネルギーがないからです。

 

この現状を抜け出すためには、

カウンセリングではない、メンタルコントロールの技術が必要。

現状を打破するためのメンタル技術が必要です。

 

それは、言い換えれば、

パワハラをなくすためのエネルギーを生み出すための

メンタル技術が必要だということです。

 

ですから、もしあなたがカウンセリングを受けていて、

でもなかなか現状から抜け出せないなら、

是非一度、現状を打破するメンタルテクニックを

学んでいただけたらと思います。

 

きっとあなたが、辛い今の状況から抜け出すために

大きく役立つはずですから、ぜひ一度、考えてみてください。

 

 

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

なぜパワハラ被害メモを作らなければならないのか?

  パワハラ被害を受けていても、 それをメモしている人は、ほとんどいません。   たしかにメモを取るのは大変です。 しかし、パワハラ対策においてメモほど大切なものはありません。 & …

no image

パワハラ解決のために、証拠と味方を増やす。

パワハラ解決に向けて考えうることは何でも全部実行に移しておきましょう。 基本方針は2つです。証拠を増やすこと、味方を増やすことです。 この2つが増えて行っているなら、解決に向かっていると考えて大丈夫で …

no image

「いい人」は、目的思考を持つことで、自分を守れるようになる。

「いい人」が損をする社会です。 しかし、「いい人」でも損をしない人は、います。 それが「自己利益の関心」が高い人です。 ですが、「いい人」は「自己利益」に対して、嫌悪感があります。 これを取り除くため …

no image

自己肯定感を高く保つことが、何よりも大切。

パワハラ、職場モラハラの加害者は、 あなたの自己肯定感を下げてきます。   悪口・陰口・嫌味・無視など、 あなたの人間としての尊厳に攻撃をしてきます。     ハラスメン …

no image

行政にパワハラ相談に行く前に、電話相談をしておこう

行政機関(労働局・労基署)にパワハラ相談をするときは、 まずは電話相談をするようにしましょう。 予約を取らずに行くことも可能な場合が多いですが、 まずは電話で相談しておくほうが、さまざまなメリットがあ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。