パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けていてパートを辞めたいが、同僚が気になって辞められないときにしてほしいこと。

投稿日:

パワハラ相談者の中には、心優しい方が多いです。

”自分がパワハラを受けていて、辞めたい。しかし、自分が辞めると同僚が困るので、辞められない。”とおっしゃる方もいます。

そのような場合、私はその同僚の方に”辞めたい”と打ち明けることをお勧めしています。

「辞めたい」と打ち明けておくことで、同僚にはそれに備える時間ができるからです。

【1】パワハラ被害者には、優しい方が多い

パワハラ被害者は、自分が被害に遭っている方にも関わらず、他人を思いやる優しさをお持ちです。

「もう耐えられない」と思っていながらも、自分が辞めると同僚にしわ寄せが行くことを気にして辞められないのです。

しかし、それがために、加害者が自分を傷つけることを、許してしまっています。

この状況から抜け出すための第一歩は、その同僚達に辞めたいと打ち明けることです。

【2】打ち明けることが布石になる

あなたが同僚に辞めたいと打ち明けることは、同僚達に対する布石となります。

パワハラを受けていて、「辞めたい」と言っていた人が辞めることに対して、責める人はいません。

「辞めたい」というそぶりを見せずに、急に辞められるほうが同僚の方々は困るのです。

ですから、「辞めたい」と事前に打ち明けておくことは、とても大事なことです。

そして、もし相談にも乗ってくれそうでしたら、相談に乗ってもらうのがよいでしょう。

【3】同僚も「辞めたい」と思っている

大抵の場合、その同僚も「辞めたい」と思っています。

しかし、あなたと同じ考えで辞めることができないのです。

ですから、あなたが「辞めたい」と明確に打ち明けることで、同僚も救われます。

また、自分が辞めることに向けて動き出すこともしやすくなります。

あなたが「辞めたい」ということは、同僚のためでもあるのです。

「辞めたい」と打ち明けることは、強い恐怖を感じることです。

ですが、あなたならできますから、どうか一歩踏み出してみてください。

その一歩が、大きなきっかけとなることは保証します。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

仕事が長続きしない人がやるべき1つのこと

1つの会社に長く務めるのが、どうしても苦手な人がいるんですね。 そういう人には、兼業や副業をしておくことをお勧めしています。職場を複数持っておくんです。 職場が複数あると、1つの職場に対して適度な距離 …

パワハラ加害者からのレッテルを剥がせ

パワハラ行為は、エスカレートします。   図々しい人の頼みごとを一度引き受けたら、 当然、次の頼みごとは大きくなりますね。   パワハラ加害者は、他人への攻撃をする人達ですから、 …

no image

【Sarahahご回答】労働局への相談は、無意味なのか?

【1】無意味となる行動はない 労働局への相談は、解決に向けた布石にすぎません。 この「労働局に相談した事実」ことが大切なのです。 「労働局にも相談しました」と伝えた上で、内部で改めて相談をしてみてくだ …

no image

職場におけるモラル・ハラスメント(モラハラ)の概要と、対処法。

モラル・ハラスメントは直訳すると「精神的な嫌がらせ」ですが、その内実は「精神的な攻撃」または「精神的な虐待」です。 これは厚労省のパワハラ6類型の1つ「精神的な攻撃」にも該当します。 職場モラハラは1 …

no image

日々パワハラを受けているときは、休暇は意図的にリラックスをすることが解決策につながる。

休日はゆっくりと休みましょう。 リラックスすることで、解決策が思いつくことがあります。 何もせずにぼぉ〜っとすることも、脳のデフォルト・モード・ネットワークを働かせることに役立ちます。 身体の力を抜い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。