パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを目撃したら、「ソレハラ」を使ってみよう。

投稿日:

パワハラを目撃したとしても、それを「パワハラだ」と指摘するのは難しいことです。

「自分がターゲットになるのではないか・・・」、「社内での居場所がなくなるのではないか」との不安が出てくるからです。

私の知る限りでは、実際にそのような目に遭ってしまった人もいます。

パワハラ当事者でない人が、それを指摘するのは簡単ではありません。

そういう人に一度検討してみてほしいのが、『ソレハラ』というサービスです。

ソレハラ ~日本最大級のハラスメント改善プラットフォーム~
ソレハラとは、ハラスメント匿名裁判・ハラスメント匿名教え合いメール・ハラスメントの専門家との情報交換が行える、「みんなの考えるハラスメント」を共有する為に生まれたサービスです。

このサービスについては、下記の記事でより詳しく説明しています。

パワハラを見たら『ソレハラ』というサービスを利用しよう。
職場の同僚がパワハラを受けていても、なかなか声を上げることはできません。 加害者に対して、自分が告発をすれば、自分にパワハラが向く可能性があるからです。 そういう場合に、ぜひ利用してほしいサービスが生まれました。『ソレハラ』というサービスです。 今回はハラスメントを匿名で代理通知してくれるサービス『ソレハラ』について、紹介をします。 【1】「ソレハラ」の概要 『ソレハラ』は、ハラスメントを匿名で、代理通知してくれるサービスです。 あなたの代わりに、『ソレハラ』が相手に「ハラスメントですよ」と伝えてくれます。 あなたの氏名やメールアドレスを登録する必要は一切ないため、匿名性は完璧と言えるでしょう。 【2】『ソレハラ』の使い方 まずは、『ソレハラ』のサイトに行きます。 すると、2018年9月現在では次のような画面が表示されます。 【3】ハラスメントの種類を選ぶ 画面を下の方にスクロールをすると、ハラスメント入力フォームがあります。 あなたが受けているハラスメントの種類をクリックして選択しましょう。 【4】ハラスメントの程度を選ぶ。 ハラスメントの種類を選んだあとは、ハラスメントの程度を選びます。 【5】相手方の氏名とメールアドレスを入力する 次に、メールアドレスと名前を入力します。 これは両方とも入力をしないと「どちらも入力してください」と出てきます。 しかし、匿名通報者である私達の名前やメールアドレスの入力は一切不要です。 相手のメールアドレスが分からない場合は、会社のハラスメント担当部署のメールアドレスでもよいでしょう。 なお、一般の会社では人事部がハラスメント担当をしていることが多いです。 【6】送信時間を設定する。 そして、素晴らしいのが、このステップです。 送信時間を設定することができます。 たとえば2週間後にメールを送信するなどを決めることができます。 これによって、誰が送信したのかがさらにわかりにくくなりますね。 たとえば1週間後を指定すれば、1週間後に相手方に通知が行きます。 ですから、誰がこのサービスを利用したのかは、まったく分かりません。 【7】文面を確認する そして、文章もすでに作られています。

『ソレハラ』では、加害者のメールアドレス宛てに、匿名で通知をしてくれます。Aさんが加害者なら、そのAさんに注意を促すメールを送ってくれるのです。

しかし、相手方のメールアドレスに直接送るよりも、まずは企業のハラスメント担当部署のメールアドレスに送るほうをお勧めします。
加害者のメールアドレスを知らない場合もありますし、知っている人から自分が特定される可能性があるからです。

『ソレハラ』を介した通知によって、会社が、トップからのメッセージや、アンケート調査などの対策を行ってくれたら、あなたは十分に役割を果たしたと言えます。

もし会社が動かない場合は、加害者のメールアドレス宛てに送ってもよいでしょう。ただ、そこまでする義務はあなたにはありません。

パワハラを指摘するのは、決して簡単なことではありません。それを指摘する人は、リスクを負うことになってしまいます。被害者でない人々にまで、リスクを負えとは言えません。

ですから、会社の代表メールアドレスなど、誰でも知ることができるメールアドレス宛てに『ソレハラ』を通じた匿名通知をするだけでも、十分です。

あなたが無理をしない範囲でよいので、被害者のために動いていただけると嬉しいです。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで受けた「心の傷」を消したい人が、やるべきこと

パワハラで受けた心の傷を消すために、「傷を消すワーク」をする必要はありません。 もちろん、カウンセリングを受けることは大切なことです。 心療内科、精神科、または臨床心理士のカウンセリングを受けることは …

no image

パワハラについて、法務局にインターネットすることができる。

#Sarahah @sarahah_com パワハラは人権問題ですので、法務局の人権擁護委員に相談することができます。 法務省:インターネット人権相談受付窓口へようこそ! メールフォームを通して、イン …

no image

パワハラについて、在職したまま最高裁まで争った経緯を書いたブログ

大変、参考になるブログを発見しました。 パワハラ被害者が在職したまま、会社と激闘し、 最高裁まで戦った経緯などが書かれたブログです。   http://ameblo.jp/kagamimoc …

no image

希望が、未来を作り出す。

植松努さんの 『好奇心を“天職”に変える空想教室』が、とてもよかったです。   ぜひ、あなたにも読んでいただきたい。 希望が湧いてくる1冊です。 Spencer Means vi …

no image

パワハラの相談相手は誰にするべきか?

パワハラの相談相手は誰にするべきでしょうか? 先に結論を言ってしまうと、専門家です。 同僚や友人などに相談してはいけません。 その理由を、具体的にお伝えします。   【1】パワハラ問題は複雑 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。