パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに遭っているときこそ、「自分への思いやり」を持つようにしよう。

投稿日:

【1】パワハラに遭っていると、ミスは増える

パワハラに遭っているとき、人間の脳は「闘争・逃走」状態にあります。

理性よりも、感情優位の状態です。

頭を動かすよりも、身体を動かす状態です。

クマやイノシシに遭遇した状態であり、冷静ではいられない状態です。

ですから、ミスが増えるのは当たり前です。

パワハラに遭っていれば、誰でもミスは増えます。

【2】自分に厳しくする必要はない

ミスが増えれば、当然に社内での評判も下がってしまいます。

パワハラ被害に対して同情的だった人も、あなたがミスをすればするほど、あなたに対して批判的になってしまいます。

パワハラ被害に遭うと、誰でも孤立しがちになるんです。

そのようなときこそ、あなたはあなた自身の味方であってください。

ミスをした自分に厳しくするのではなく、自分に対して思いやりを示してあげてください。

【3】怒りを否定しなくてもいい

加害者に対して怒りを持つのは、当然のことです。

そして、解決に向けて何もしてくれない組織に対して、怒りを持つのも当然のことです。

パワハラ被害に遭っているのを知っていながら、手を差し伸べてくれない同僚に対して、怒りを持つのも当然です。

パワハラ被害に遭っているとき、怒りを持つのは当然です。

怒りの感情を否定する必要はないんです。

【4】状況改善への意思は持つ

私たちは、誰一人として完璧ではありません。

怒りの感情を持つこと、怒りを爆発させてしまうこと、どちらも仕方ないことです。

ただ、状況改善への意思、成長への意思は持ち続けるようにはしましょう。

現状の自分を受け入れることは大切ですが、未来の自分を諦める必要はないんです。

自分に対して思いやりを持ち、その上で自分に対して期待も持ってあげてください。

そういう気持ちを持ちながら、少しずつ、状況を改善していきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者が、処分されただけでも意味ある事例

パワハラが処分されることは稀です。 そして、それが公になることも、ほとんどありません。 その意味で、今回の事例は、大変、意味があるものだと考えています。 http://www.minyu-net.co …

no image

パワハラ(職場モラハラ)を法律上の戦いではなくて、心理戦

職場モラハラやパワハラは心理戦です。しかも圧倒的に不利な立場から始まる心理戦です。「あなたの心が折れる前に、加害者の心を折れば勝ち」という勝負です。 法律はそのための手段の1つにすぎません。法的に有効 …

no image

転職・起業を決める。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  メンタルコントロールの技術を身に付けても、  パワハラ・職場いじめに耐えられる期間は、  長くて1年です。    その期間内に、どれだけ準備を整えることができるかが、勝負です。  できる …

no image

攻撃してくる人は、ビビっている。

 「闘争・逃走モード」と呼ばれる脳が状態があります。    攻撃してくる人は、この状態になっています。    では、どんなときにこの「闘争・逃走モード」になるのでしょうか?     …

no image

パワハラに対しては、冷静に正当に復讐を考えていく。

パワハラに対して冷静に怒るというのはつまり、綿密で正当な復讐計画を立てるということです。 どうやったら自分に不利益がなく、復讐ができるかを理性を使って考えましょう。 考えるだけでも、かなり心理的に落ち …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。