パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラの「解決」を明確に定義することが、解決への第一歩。

投稿日:

【1】「解決」を明確にイメージする

パワハラの「解決」と一言で言っても、そこにはさまざまな「解決イメージ」があります。

転職をイメージしている人もいれば、ただ独立・起業をイメージしている人もいます。

パワハラ行為をストップさせることをイメージしている人がいれば、加害者の謝罪をイメージしている人もいます。

相談者によって望む「解決」のイメージは、違うのです。

【2】言葉、映像、感情で定義する

パワハラの「解決」については、「言葉」、「映像」、「感情」の3つで定義しましょう。

たとえば「パワハラ加害者に謝罪させている」という言葉で定義し、そのときの様子を映像でイメージし、さらにそこから生じる感情で定義するのです。

そして、できるかぎりその映像、感情を正確に言葉に表すようにします。

言葉からイメージ、感情が浮かぶようにしておきましょう。

そのように定義しておくことで、自分のゴールが明確になります。

【3】「解決イメージ」から、やるべきことが決まる

もしあなたの望む「解決」が転職することであり、一切関わりを持たないことであれば、あえて証拠集めをする必要はありません。そして、社内で味方を集める必要もあまりありません。

一方で、加害者からの謝罪を求める場合には、証拠集めも味方集めもしておいたほうがいい。

望む「解決」の内容によって、やるべきことは変わってきます。

そして、「解決イメージ」が明確であればあるほど、やるべきことは明確になり、同時にやる必要のないことも明確になります。ゴールによって、物事の重要度が決まるのです。

ですから、まずは解決のイメージを明確にしましょう。

それがパワハラの解決に向けた第一歩です。

三國 雅洋 【無料・動画講座】「パワハラ脱出プロジェクト」のすべて
いじめ|パワハラ|退職|起業|副業 Art of Challenge 行政書士・コーチ・コンサルタント 三國 雅洋

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

3分の1の煩悩のススメ-『煩悩のススメ-幸福になる49の方法』

「いい人」にとって大切となるのが、モチベーションです。 そのモチベーションで悩んだときに読んでほしい本が、 この本です。   https://www.amazon.co.jp/dp/4484 …

「パワハラ支援の専門家」がもっと必要だ。○○の専門家がパワハラに取り組むのではなく。

パワハラに関わる専門家は、 たくさんいます。   しかし、パワハラ支援の専門家は、 ほとんどいません。   これが、パワハラ解決を遅らせてしまっています。   【1】パワ …

no image

パワハラの解決に向けて、日記をつけたり、相談することは決して無駄にはならない。

パワハラ解決に向けたどれだけ小さな一歩も、決して無駄にはなりません。 被害メモを取り、友人・同僚に相談しましょう。専門機関に匿名で電話相談をしてみましょう。パワハラの録音・録画を試みましょう。 パワハ …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

パワハラは心理戦

パワハラは心理戦です。 いかに加害者の心を折るかです。   【1】加害者は、反省などしない 誰でもそうですが、自分が悪いと思っていることはしません。 誰でも自分は正しいと思っています。 &n …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。