不要なケンカを防ぐ文章術【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

人間関係にヒビが入ることも!メールコミュニケーションでミスを防ぐ
言ったことが相手に伝わっていなかったり、言い間違いや聞き間違いがあったり…仕事の場でこうしたミスコミ……….≪続きを読む≫

最近、トリケラトプスにはまっている我が子3歳ですが、

寝ているときの髪型が、

まるでトリケラトプスのように、尖っています。

【理論編】

西條剛央博士は、「人間の本質」として、

「人間は誰でも肯定されることを願っている」と

主張されています。

西條剛央博士は、ただの学者ではなく実践する学者。

日本最大級のボランティア組織を立ち上げ、運営されています。

ボランティアには上下関係がなく、命令権がないですから、

組織運営をするにあたっては、上質なコミュニケーションが欠かせません。

そこで、西條博士は、特にインターネット上でのやり取りにおいて、

「人間の原理」に則り、最初に相手を肯定することを、

コミュニケーションのルールに盛り込んでいるそうです。

私は、これはポジティブ・ファーストと名づけて、

普段のコミュニケーションにも利用しています。

これは、最初の第一声は、必ずポジティブなものにする、という原則です。

反対意見を言う場合でも、

「それは違うと思います。○○というのは・・・」と言うのと、

「なるほど。勉強になります。私の考えでは○○というのは・・・」と言うのでは、

同じことを言っていて、そして反論していることは同じです。

しかし、受け止める側の印象が全く違います。

無駄なケンカ、勘違いを防ぐのに役立つ技術ですので、

よかったら使ってください。

【実践編】

1 あなたが苦手な人の、第一声に注目してください。ほぼ、すべてネガティブなはずです。

2 あなたが安心して話せる人の、第一声に注目してください。
  ポジティブな割合が多いはずです。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。


現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。