パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

いじめ・嫌がらせ体験は、あなたのゴール達成のための最高のツールになる。

投稿日:

不謹慎を承知の上で書きますが、

いじめ・嫌がらせ体験は、

あなたのゴール達成の最高のツールとなりえます。

あなたが掲げるゴールがどのようなものであれ、

そのゴール達成には、必ず周りの人の共感を得る必要があります。

しかし、共感を得るというのはそれほど簡単ではありません。

たとえば、私は行政書士資格を持っています。

多くの人からすれば、「だから何?」です。

資格は共感を呼びません。

しかし、私が中学2年生のとき、1年間にわたって執拗な嫌がらせを受け、

自己防衛のために法律と心理学を学び出した。

そして、大学では行政書士資格を取りながら、心理学を独学で学んでいた。

そして、今はその行政書士という資格の信頼を活かして、

いじめ・嫌がらせ被害者を支援する活動をしている、

このように説明をすると、共感していただけることがあります。

つまり、いじめ・嫌がらせ被害体験があることにより、

(社会的な)ゴール達成に向けての共感を得やすくなるわけです。

これはとても打算的な考えでもありますが、

私にとってはゴール達成のほうがよほど重要性が高いから、

それはそれでよいわけです。

結局は、ゴール次第なのです。

あなたの掲げるゴールが、年収1億円でもなんでも、

きっとあなたの被害体験は活用することができるものです。

だからといって被害をいま現在受けている人に、我慢しろとは絶対に言いません。

それは別です。

しかし、被害体験が全く無意味かといえば、そうではない。

それどころか、あなたのゴール達成に人を巻き込む際の、最高のツールとなりうる。

だから、まずはゴールを設定してみてくださいね。

そして、ゴールに向かって、被害体験を活用してみましょう。

もっと、詳しい情報が知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自己肯定感は、ブログで高める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

新国立 森喜朗氏の「B案がいい」発言に苦笑出る 14日、日本スポーツ振興センター(JSC)が、新国立競技場のデザイン及び施工業者を決めるコンペに応……….≪続きを読 …

no image

「あなたらしくない」って何?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 いじめ・嫌がらせというのは、決めつけから始まります。 「あなたはこういう人間だ」という決めつけが、いじめ・嫌がらせの始まりです。 しかし、これは単なる意見にすぎません。 あなたが、これを取 …

no image

好きなことをすることを、コーチが勧める心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 この本には、ポジティブ感情についての仮説が紹介されています。 それは、「拡張-形成仮説」です。 ネガティブ感情は、特定の行動性向を生じさせます。 …

no image

自分の頭を働かせる方法とは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

AIロボがセンター偏差値57.8 危機感覚える声続出 人工知能「東ロボ」君が、センター試験模試で偏差値57.8という好成績をとったことが発表された。 ……….≪続き …

no image

危機に陥ったときは、どうすればいい?

パリで同時多発テロがありました。 このようなときに役立つ心理学があります。 クライシスサイコロジーと呼ばれる分野です。 私達は、危機には「闘争か逃走か」と呼ばれる心理状態に陥ります。 これは、簡単に言 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。