解決策を思いつく、シンプルな方法【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

1度着てまだ洗わない服で、部屋がゴチャゴチャ…オシャレのプロはどうしてる?
 オフィスで着るジャケットやスカートにパンツ、プライベートで穿くジーンズなど、1回着ただけでは洗……….≪続きを読む≫

【理論編】

 ジャケットなど、すぐには洗わない服を、プロはどうしているか?
 
 こういう記事が、意外と、人間の認識を知るのに役立ちます。

 7割の人の回答は、「出したまま」だそうです。

 洗わないし、すぐに着るのだから、ですね。

 そして、キレイな服と一緒にしまいたくもない。

 

 ここで、プロは、”『一度来た専用のハンガーラック』に掛ける”そうです。

 これ、言われたらそうだけど、なかなか思いつかないのではないかと思います。

 

 でも、どうして、こんなシンプルな解決策を思いつかないのでしょうか。

 

 それは、脳の仕組みにあります。

 脳は、とても手抜き器官です。

 必要とならない限りは、動こうとはしません。

 だから、今までどおりでよいのなら、

 新しいアイデアも作ろうとはしないのです。

 困ってないなら、解決策もいらない。

 だから、解決策を探そうともしないわけです。
 

 では、どうやったら、アイデアが思いつくかと言えば、ゴールを作ること。

 現在地と目的地の間に、大きなギャップを作ることです。

 意図的に、問題を作り出すことです。

 もちろん、意図的に作り出した問題は、本人にとっての重要性は低い。

 ですから、その解決に実際に動き出すことで、

 脳に、これが重要な問題であるということを、教えてあげます。

 そうすると、脳が、解決策を考え出すようになります。

 

 言い換えれば、方法は後から見えてくるものなんです。

 だから、方法がないと諦めるのではなく、

 まずはゴールを設定しましょう。

 ゴールが、方法を生み出すのです。 

【実践編】

1 どのような分野でもよいので、仮にゴールを作りましょう。

2 ゴール実現に向けて動き出してください。

3 ゴール実現に動き出すことで、初めて出てきたアイデアを書き留めましょう。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。

この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

関連記事


ゴール側への現状の外へと、常に自分を動かす。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。