パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

ネガティブ・スパイラルを止める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

ネガティブ思考は問題ありません。

問題なのは、ネガティブスパイラルです。

ネガティブスパイラルというのは、

ネガティブになったことに対して、ネガティブ感情を持つことです。

「誰かの言葉に過敏に反応して怒ってしまった」と、後悔することが、よくないのです。

反応して怒ってしまったこと自体は、特に問題ではありません。

「自分らしくなかったな」とセルフトークをすればよいだけです。

後悔は不要です。

次にどうするかだけを考えればよいのです。

同じ失敗をしても後悔はせずに、次はどうするかを考えましょう。

後悔するのは、改善案を出すより楽なことです。

なぜなら、自分は変わらなくてもよいからです。

もちろん、すべての後悔が悪いとは思いませんが、

少なくとも、ゴールに近づくには、後悔するのと改善案を出すのと、どっちがよいか、

冷静に考えてみましょう。

そうすると、きっと楽になりますよ。

セルフトークのコントロールについては、次の記事を参考にしてください。

自己イメージを変えるセルフトークとは?

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ネガティブ思考には反証を探す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アサーションという、自己表現手法があります。 細かい方法論は本題から外れるので別にしますが、 このアサーションの一番簡単な使い方は、 「事実を述べること」です。 たとえば、次のように言われたとします。 …

no image

始末書を悪用したパワハラの例

加害者は、何でもあなたを攻撃する材料としてきます。   始末書という形式をとったパワハラも、よくあります。 パワハラの典型例の1つです。   もともと、被害者はパワハラを受けている …

no image

出来事の意味は、事後的に決まる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

西條剛央先生が「意味の原理」と、呼ばれるものがあります。 「出来事の意味は、事後的に決まる」というものです。 ネガティブな出来事があったとき、これほど大切な原理はありません。 覆水盆に返らず。 しかし …

no image

幸せを感染させる人になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「あげまん女性」の共通点を知って、自分もカレもハッピーになろう「あげまん」とは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする「縁起のよい女性」のことをいい……&#823 …

no image

好きなことをすることを、コーチが勧める心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 この本には、ポジティブ感情についての仮説が紹介されています。 それは、「拡張-形成仮説」です。 ネガティブ感情は、特定の行動性向を生じさせます。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。